【FMW-E】「燃やされた借りはシングルで返す!」大仁田が8.15FMWE大阪で変則シングルマッチを要求

2021年8月15日に開催されるFMWE第2戦「バーンアウト」(大阪市鶴見区鶴見緑地)で開催される「地獄のデスマッチ in OSAKA」の新ルールが発表になった。

本大会をミスターポーゴに改名して臨むシャドウWXは、7月4日のFMWE旗揚げ戦終了後に乱入。大仁田に火炎攻撃を行い火だるまにし8月15日の対戦要求をした。

大仁田は、8月15日大阪大会で岡田剛史、HASEGAWAと組む。対するミスターポーゴは、大仁田の最大のライバルと目される青柳政司、さらに電流爆破マッチ初参戦の木髙イサミ、マネージャーとしてデビルマジシャンを指名し、7月4日旗揚げ戦の3倍の火薬量を使用した地雷爆破ボードを要求した。

大仁田は、当初、シングルマッチでの完全決着ルールを熱望していた。しかし、運営会社の判断により、シングルでの対決は見送られた。

これには大仁田の怒りも爆発し「シングルが無理ならば変則ルールでの対決に変更しろ」と新ルールでの対決を要求した。

8月15日に行われる「地獄のデスマッチ in OSAKA」の電流爆破ルールに変更はないが、大仁田の要求により、試合開始から5分間は大仁田厚とミスターポーゴのシングルでの対決となる。この5分間は他の選手の邪魔がはいらないように、リング周辺に設置された爆薬の起動スイッチは全てオンの状態で対戦する。

大仁田は「俺とポーゴがリングインしたら全ての爆薬の電源を入れる。他の選手はリングに近づくこともできない。5分で決着をつけてやる」とコメント。

試合開始後、5分後に全ての爆薬の起動スイッチが解除になり、他の選手が入場できる変則ルールとした。

またFMWEでは、世界同時ライブ配信をパワーアップさせて8月15日も行うことを発表。当初は配信の予定はなかったが、世界中のファンから配信の熱望が多数あり、急遽、ライブ配信を行うと発表した。休憩時間には過去の試合を観戦しながら大仁田厚と英語解説者がトークを繰り広げる事前収録スペシャル動画を配信予定。ライブ配信チケットは2,200円、ZAIKOで販売となる。

FMWE第2戦「バーンアウト」

日時:2021年8月15日(日)15:00開場 16:30開始

会場:花博記念公園鶴見緑地 特設会場

(大阪府大阪市鶴見緑地公園2-163)

主催:オフィスラディ

★ライブ配信17:00〜20:00

以下のZAIKOウェブサイトで販売中

https://zaiko.io/event/341779

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加