【WWE】“太陽の戦士”サレイが強豪ダコタ・カイと激闘もNXT初黒星「この悔しい気持ちを大きなバネに」


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間8月12日にNXTが配信され、“太陽の戦士”サレイが対戦予定だったエンバー・ムーンの欠場により次期NXT女子王座挑戦者ダコタ・カイと激闘を展開するも、ダコタのランニング・ビッグブーツを食らってNXT初黒星を喫した。

先にリングに登場したダコタは「ラケル・ゴンザレス、無敗のサレイを倒すから見ておけ。お前は次のNXT女子王者を見ているんだぞ」とNXT女子王者ラケルを挑発すると試合ではサレイをマットに叩きつけて攻め込んだ。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにサレイがパワースラムや変形逆エビ固めを決めれば、ダコタも顔面へのビッグブーツやスコーピオンキックで反撃して白熱の攻防を展開。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはサレイが「いくぞ!」と雄叫びを上げて強烈なドロップキックやスピニングキック2連発を決めるも最後はダコタのランニング・ビッグブーツを食らって3カウント。サレイは今年4月のNXTデビュー戦以来4連勝をしていたが、強敵ダコタ相手に無念のNXT初黒星を喫した。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後にはダコタが倒れ込んだサレイに再びビッグブーツを狙うも、ここで因縁の王者ラケルが乱入するとダコタはすかさず逃走。ラケルは「ダコタはこれ(ベルト)を保持することはない。テイクオーバーでお前を引き裂いてやる」と「NXTテイクオーバー36」の王座戦を前に挑戦者ダコタを挑発した。

さらに初黒星となったサレイは自身のツイッターで「NXT連勝が止まってしまった。悔しい、、、、、でも、落ち込んでる時間も暇もこの環境には一切ない。この悔しい気持ちを大きなバネにしてまた頑張る。みんなありがとう!!」と心境を投稿した。

王者ラケル vs. ダコタのNXT女子王座戦が行われる「NXTテイクオーバー36」は日本時間8月23日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事