【FMW-E】保坂秀樹さんの献花台が設置され、追悼の10カウントゴングが鳴らされた!大仁田「保坂がいてくれたから、僕は今もこのリングに立っている」

 大仁田厚の愛弟子で8月2日にがんのため逝去した保坂秀樹さんを偲ぶために、8月15日の大阪大会では献花台が設置され、多くのファンが花などを手向けていた。

 また、同大会の第3試合終了後、大仁田と元FMWのRIE(中村理恵)さんがリングに上がり、出場全選手がリングサイドに集まって追悼セレモニーが行われ、保坂さんに10カウントゴングが捧げられた。

 大仁田は「保坂は弟のような存在でした。最後までついてきてくれた男です。FMWを離れるとき、保坂とマンモス佐々木は泣いてくれて、『一緒についていきます』と言ってくれました。だけど、彼らの人生が開かれるように、僕は一人で新日本に殴り込みました。巡り合わせはふしぎなもので、運命は僕と保坂をくっつけてくれました。保坂がいてくれたから、僕は今もこのリングに立ってるんだと思います。保坂ありがとう。そして、ここに集まってくれた皆さんに御礼申し上げます。ありがとうございます」とあいさつした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加