【新日本】本間とのシングル対決を制したオーカーン「オスプレイがアメリカで復帰を宣言したな。ひと言だけ言っておく」

新日本プロレスは8月17日(火)、東京・後楽園ホールで映画『ゴジラvsコング』Presents『SUMMER STRUGGLE 2021』第16戦を開催した。

第1試合は本間朋晃とグレート-O-カーンがシングルで対戦。

試合は本間が奮闘するもオーカーンの勢いは止められず、終盤怒涛の攻めを見せ一気にエリミネーターでケリをつけた。

試合後のオーカーンはオスプレイについてコメントを行った。

映画『ゴジラvsコング』Presents SUMMER STRUGGLE 2021
日時:2021年8月17日(火) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:428人

<試合結果>

▼第1試合 30分1本勝負
本間 朋晃 ×
vs
グレート-O-カーン 〇
10分50秒  エリミネーター→体固め

■試合後バックステージコメント

オーカーン「2000何年か知らんがなぁ、ワタリ(WORLD TAG LEAGUE)は制覇したと言っても、シングルじゃこのザマだ、オラ。まぁ、ヤツに対してコメントは特にねぇよ。リングでも興は乗ったが、しゃべるまでは乗らなかったな。代わりにオスプレイが、アメリカで復帰を宣言したな。ひと言だけ、言っておく。我々連合帝国は、チームやユニットじゃない。しょせん“個”の集まり。個人ならではの思惑がある。それを、我々は同盟という形で支援するだけ。ゆえに、オスプレイがアメリカで何をしようが、余はかまわん。ヤツが暴れた結果、日本、アメリカ、イギリス、ニュージーランド、グアム。世界中を帝国が、いや、連合帝国の支配者である余が、“ニュー・コモンウェルス・キングピン”の余が、全世界を支配する。これは序章だ。余についてこい、愚民ども!」 
 
本間「(※肩を借りてインタビュースペースにたどり着くと、前のめりにヒザをつき、顔を上げて)オーカーン、強いよ。俺が負けたから、今年の『G1』は、なしか。俺は、絶対あきらめねぇ。『G1 CLIMAX』、出てやるよ! こんな世の中だから、俺は出て、みんなを勇気づけてやる。それは、俺しかできない」

➡次ページ(写真ギャラリー)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2