【DDT】UNIVERSAL王座を奪回した佐々木大輔が初防衛戦の対戦相手にCMパンクの名を挙げるも却下され、藤田ミノルを指名し10・12後楽園で実現か?

 DDTプロレスが8月23日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を開き、同21日の富士通スタジアム川崎で上野勇希を下して、DDT UNIVERSAL王座に返り咲いた佐々木大輔が酒気帯びで暴走した。

 缶ビールをストローで飲みながら登壇した佐々木はいきなり「本日は私の結婚報告の会にお集まりにいただきありがとうございます。私、佐々木大輔、この度、上坂すみれさんと結婚することに・・・」と切り出すと、今林久弥GMが「やめてください。怒られるんで。いろいろデリケートだから」と必死に制止した。川崎大会での動画配信サービス「WRESTLE UNIVERSE」でゲスト解説を務めた声優の上坂が佐々木を「好きになっちゃう」と発言。試合後にこれを伝え聞いた佐々木は「結婚してくれ。婚姻届送るから住所教えてくれ」とコメントしていた。

 今林GMから諭されて、王座奪回の話に移ると、「やる前から私が勝つことは分かってたし、ベルトは私のところにあったし、当然の結果。上野が私を指名したときに言ったんですよ。“やめといたほうがいい”って。本当にやめといたほうがよかったんじゃないか。彼にとって、これ以上ないトラウマを与え、今頃プロレスをやめたくなってるでしょう。私は満足です」と話した。

 ここで初防衛戦が10月12日、東京・後楽園ホールで行われる予定であることがアナウンスされ、今林GMから「闘いたい相手はいますか?」と問われると、佐々木は迷わず「決まってるよ。CMパンク」と仰天発言。元WWEでUFCでも闘った経験があり、先頃AEWに新天地を求めたCMパンクの名を出したが、ギャランティも高額な超大物とあって、今林GMは「いろいろ無理です」と速攻で却下。ならばと、佐々木は「一人だけいるよ。やらなきゃいけない相手。藤田ミノル、出てこい! 今すぐやるぞ、ここで。今すぐ来れない? じゃあ明日だ」として藤田を次期挑戦者に指名。今林GMは即決こそできないものの、佐々木の要望は了承した。

 佐々木は7月26日に東京・新宿FACEで開催された「ダムネーション不法集会リターンズ vol.4」での一騎打ちで藤田に敗れており、そのリベンジを果たしたい意向で、「シングルでやって、踏み台にしようとしたのに、まさかの敗北。これ以上ない屈辱を味わった。あの日のことを忘れてはいけないって、今思った。だから指名した」と説明。

 王者の上野を流血葬にして、王座を奪い取った感想については、「最高の気分。この瞬間のために俺はプロレスをやってるから。対戦相手を絶望させて、そしてビールを飲む。これが私の人生」としてやったりの表情だった。

〈写真提供:DDTプロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事