【新日本】ヤングライオン大岩陵平・藤田晃生デビュー!メインの6人タッグは後藤組がタイチ組にKO勝利!!<8.24後楽園>全試合結果・試合後バックステージコメント全文掲載

▼第4試合  30分1本勝負
天山 広吉 ×
オカダ・カズチカ 
vs
グレート-O-カーン
ジェフ・コブ 〇
12分53秒  ツアー・オブ・ジ・アイランド→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

オーカーン「ああ〜〜~、ああ〜痛えや痛え。そりゃそうだ、“元”IWGPのチャンピオンがタッグを組んだんだ。そりゃあ……恐ろしいぐらい強いんだろうなあー!? あー、首も痛いなあ、だーが!勝ったのは我々帝国だ。貴様らはもう、古いんだよ!

いいか! 時代も、新日本も、動乱を迎えているんだ。こういう時はな、いいか、真に強い男がわかるだろう? 今はそう、オリンピック、パラリンピックやってるんだ。この意味がわかるよな? そういった男が、新日本を導いてやらなければいけないんだ! いいか、新日本プロレスよ、支配者の御前である、ひれ伏せ! 」

コブ「この3週間、一体オレがどこで何をしていたか気になるか? オカダ、おまえのコメントを見たぞ…オレはもうおまえを“ヤング・ボーイ”とは呼ばない。何故ならおまえは遂にヤングライオンを卒業したからだ。海外遠征が始まったところだな。“かかってきなさい!”だと? カッコつけてるつもりか?

そんなことよりも大事なことを言わせてくれUNITED EMPIREは真っ逆さまに落ちてるとか好き放題言ってるファンがいるようだ。メンバーも足りてないとか、こっちからすれば全く問題ないんだよ! オスプレイはアメリカのマットで人材を探しながら勢力を拡大してるところだ。ヘナーレはニュージーランドに帰ってるのか、音沙汰がなくて把握してないが、トレーニングに勤しんでることに違いない。それから、グレート-O-カーンはここ日本のマットでいつも通り強い姿を見せている。

そしてオレも戻ってきたわけだ。UNITED EMPIREはもう終わったとか言ってるおまえら…間違ってるんだよ! オカダ、次はおまえがオレにかかってこい! 今日はあの年寄りの猛牛にツアー・オブ・ジ・アイランドの餌食になってもらったぞ。あいつはハワイが気に入って、隠居生活でも始めるんじゃないか。(メットライフドームまで)残り前哨戦は3つ。おまえが誰と組んで現れようが関係ない。全員ツアー・オブ・ジ・アイランドを喰らわせてやる。それが終われば遂に1対1だ。じゃ、また明日な」

天山「訳わからんぞ、オイ。何だよ! おう、なんや。マジか……。なんか、なんか訳わからんよ。なんで振り回されて、なんか覚えてないよ。うん、なんて言えばいいだろう? こんな、こんな技受けたの初めてや。うん。マジで喰らいたくない、そんな技……。クッソー! オカダ、絶対、あんな奴に絶対負けんといてくれ。うん、応援してっから。オカダよ頼むぞ。あークソッ! アアー!」

※オカダはノーコメント

 

▼第5試合  30分1本勝負
ロビー・イーグルス
YOSHI-HASHI
後藤 洋央紀 〇
vs
DOUKI ×
ザック・セイバーJr.
タイチ
23分43秒  GTR→片エビ固め

■後藤「オマエら~、もう寝てんのか?何時だと思ってんだ?メットライフドーム、もっとグッスリ眠らせてあげるからな、消灯!」

■試合後バックステージコメント

後藤「グッナイト・ベビー!(とだけ気持ち良さそうに言って、控室へ)」

YOSHI-HASHI「まだ寝るの早すぎだろ、オイ! ただ、今日のあの光景は同じものがメットライフドームで見られる。それだけは言っといてやる。オイ、(右肩を指差して)ここにもう一本! もう一本ベルト!」

ロビー「俺が(YOSHI-HASHIと後藤の)足手まといになってないだろうな。それにしてもDOUKIには驚かされた。でも今日だけじゃない。いつもあいつには驚かされてる。でも特に今日のあいつは今までに見たことないくらいに燃えてた。それもそうだよな、27日にはビッグマッチが控えている。コーラクエンホールのメインでヒロムの復帰戦のシングルの相手に選ばれたんだからな。リングの上でDOUKIもこの間のワトと同じように、俺のベルトに挑戦させろって言ってきた。でも、まずは俺から3カウントを獲って、挑戦者に相応しい器だって俺を納得させてみろ。

ヒロムの挑戦が決定したのは、あいつが過去に俺に勝ってるからだ。それから、ベルトを返上したが、ヒロムはチャンピオンだった。でもDOUKIとワトはどうだ。お前らは一度もIWGPジュニアのベルトを巻いたことがないだろ? だからお前らボーイズはもっと頑張って力を証明することが第一だ。挑戦させろって言えば簡単にチャンスをもらえると思うな。俺がその気になればロン・ミラー・スペシャルでお前らの足を一発で破壊することだってできる。

ヒロム、DOUKIとの試合に向けて気合いを入れてるところだろうが、俺とワトのシングルマッチ、しっかり見とくんだぞ。でもヒロム、お前はメットライフドームで俺とのタイトルマッチを控えてるっていうのに、DOUKIとのシングルマッチを要求するとは馬鹿な奴だ…休んでればいいのに。ヒロム、俺がマスター・ワトを破壊する瞬間、しっかり目に焼き付けておけよ。青いあいつの足を引きちぎって、勝利の手土産に持って帰る」

DOUKI「(這いずりながらコメントスペースに現れて)ああ、クソッ! クソッ! クソーッ!(絶叫)。

後藤、水を差しやがって。今日の試合も大事だ。分かるか? ヒロム、お前が休んでる間に俺はこうやって命を削ってんだよ。それが俺を指名?リハビリのつもりか クソッ、腹立つな。

(声を張り上げて)オイッ! ヒロム、お前のことは好きだけど、今回は負けらんねえ。特に負けらんねえな。俺の数カ月とお前の数カ月、どっちが重いと思う?」

※タイチとザックはノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2