【新日本】ヤングライオン大岩陵平&藤田晃生が同日デビューで対戦し、10分ドロー!<8.24後楽園>

新日本プロレスは8月24日(火)、東京・後楽園ホールで映画『ゴジラvsコング』Presents『SUMMER STRUGGLE 2021』第16戦を開催した。

この日は同日デビューを果たすヤングライオンの大岩陵平と藤田晃生のデビュー戦が行われた。

第1試合はデビュー戦となった大岩陵平(おおいわ・りょうへい)と藤田晃生(ふじた・こうせい)がシングル対決。

髪を剃り新日本プロレスの若獅子らしい闘志むき出しの戦いは10分フルタイムドロー決着となった。

※試合後バックステージコメント掲載。

映画『ゴジラvsコング』Presents SUMMER STRUGGLE 2021
日時:2021年8月24日(火) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:291人

<試合結果>

▼第1試合  10分1本勝負
大岩陵平・藤田晃生デビュー戦
大岩 陵平 △
vs
藤田 晃生 △
10分00秒  時間切れ引き分け

 

■試合後バックステージコメント

大岩「今まで新日本プロレスのプロレスラーになるのを目指してここまで来たけど、同期の藤田にも全然敵わなかった。

(大声を張り上げて)明日こそは絶対勝ってやる! ありがとうございました!」

藤田「まずはこの新日本プロレスでデビューさせていただいたことに本当に感謝しています。でも、満足できることは何一つなくて、まだまだ当たり前ですけど、足りないことばっかりで。

でも、自分の目標は一番になることなんで、一つでも上を食って、先輩たちを倒して、自分という価値を上げていきたいと思います。ありがとうございました!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事