【新日本】イリミネーションマッチで後藤組が勝利するも試合後タイチ&ザックの襲撃でノックアウト!<8.25後楽園>全試合結果・試合後バックステージコメント全文掲載

新日本プロレスは8月25日(水)、東京・後楽園ホールで映画『ゴジラvsコング』Presents『SUMMER STRUGGLE 2021』第17戦を開催した。

メインでは後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&ロビー・イーグルス&タイガーマスク組と、タイチ&ザック・セイバーJr.&エル・デスペラード&金丸義信組によるイリミネーションマッチで対戦。

※試合結果&試合後バックステージコメント全文掲載。

映画『ゴジラvsコング』Presents SUMMER STRUGGLE 2021
日時:22021年8月25日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:279人

<試合結果>

▼第1試合 10分1本勝負
大岩 陵平 △
vs
藤田 晃生 △
10分00秒  時間切れ引き分け

■試合後バックステージコメント

大岩「昨日ここで、『明日は絶対藤田に勝ってやる』って言って、今日絶対勝つと思って試合に臨んだけど、最後の逆エビ(固め)で決め切れなかったのがメッチャ悔しいです。

もっと練習して、もっと強くなって、いつか絶対ここの、新日本プロレスのトップを獲ってやります。ありがとうございました!(※深々と頭を下げる)」
 
 

藤田「クソッ、あークソッ!(※ヒザに手をついて頭を下げたままで)クソッ! 昨日、昨日、あんだけ思いをぶつけて、俺のほうが勝ったと思ってた。

でも! 今日、大岩の思いを感じて、自分が本当にまだまだだっていうことに気づいて、もっともっと野毛道場で練習をして、誰よりも強くなります! ありがとうございました!(※深々と頭を下げる)」

 

▼第2試合 30分1本勝負
DOUKI ×
鈴木 みのる 
vs
エル・ファンタズモ
石森 太二 〇
10分27秒  片エビ固め

■試合後バックステージコメント

ファンタズモ「手短に済ませる…鈴木の野郎がいまにも現れるかもしないからな!このIWGPジュニアタッグのベルトは一生俺たちBULLET CLUBが守る! 俺の言葉を信じろ!」

 

石森「(※座り込んでアゴを押さえ)クッソ~…。いってぇ~、DOUKI。DOUKI、お前、なかなかやるじゃないか。やってくれたな、ここ(※と言ってアゴを指さす)。

ま、ダテに長年メキシコで苦労してねぇな。だがな! 俺はな、お前以上にな、苦労してんだ。まだまだってことだ!」

 
 
※鈴木&DOUKIはノーコメント

 

▼第3試合 30分1本勝負
真壁 刀義
矢野 通 〇
vs
邪道
チェーズ・オーエンズ ×
7分43秒  反則

※矢野は絶叫しながらコメントスペースを通過


 
※真壁はノーコメント
 
■試合後バックステージコメント

オーエンズ「ヤノ、これでやっと俺の本気度がお前にも伝わったか? お遊びは終わりなんだよ! メットライフドーム、ケンカ上等だ! 俺は覚悟できてるぞ! G.B.H時代のヤノをリングで見せろ!

俺が闘いたいのは当時のお前だ! (※日本語で)コレハボクノKOPWトロフィーデス! (※英語に戻して)俺からこのトロフィーを取り上げられると思ったら大間違いだ! お前にできることは何もない!」
 
※邪道はノーコメント

➡次ページ(セミ・メイン)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2