【全日本】第8回王道トーナメントを諏訪魔が制す!決勝を戦った芦野とタッグ狙い目指すは5冠復帰

全日本プロレスは29日、東京・後楽園ホールにて『第8回 王道トーナメント」【準決勝・優勝決定戦】』を開催した。

第1試合の王道トーナメント・準決勝 諏訪魔vs宮原健斗戦を勝ちあがった諏訪魔と、第2試合の王道トーナメント・準決勝 ジェイク・リーvs芦野祥太郎戦を勝ちあがった芦野がメインイベントで激突。諏訪魔が王道トーナメントを制し「5冠王者に返り咲く」と吠えた。

第8回 王道トーナメント」【準決勝・優勝決定戦】
【日時】2021年8月29日(日) 開始:11:30~
【会場】 東京・後楽園ホール
【観衆】700人

▼第7試合  メインイベント 
「第8回 王道トーナメント」優勝決定戦
〇諏訪魔 vs 芦野祥太郎×

21分57秒  バックドロップホールド

試合後、三冠王者のジェイク・リーと向かいあった諏訪魔。次のビッグマッチでの三冠挑戦必至だ。コロナ罹患により王座を返還した前王者の諏訪魔とその諏訪魔への挑戦が決まっていたにも拘わらず、病魔に倒れた諏訪魔との対戦の代わりに三つ巴戦を制して三冠王者となったジェイク。因縁の対決が遂に行われることとなる。果たして2人の物語はどの様な結末を迎えるのか?

 

その他の試合結果は下記の通り

▼第0試合  シングルマッチ
〇斉藤ジュン vs 塚本竜馬×

2分44秒  逆エビ固め

▼第1試合 「第8回 王道トーナメント」準決勝
〇諏訪魔 vs 宮原健斗×

12分39秒  万力固め

▼第2試合 「第8回 王道トーナメント」準決勝
×ジェイク・リー vs 芦野祥太郎〇

9分34秒  ラストライド→体固め

▼第3試合  タッグマッチ
岩本煌史 〇本田竜輝 vs 佐藤光留 田村男児×

8分23秒  ジャーマンスープレックスホールド

▼第4試合  10人タッグマッチ
石川修司 大森隆男 ×斉藤レイ アブドーラ・小林 土方隆司
vs
TAJIRI 大森北斗 土肥こうじ 〇羆嵐 児玉裕輔

7分44秒  ダイビングセントーン→体固め

▼第5試合  6人タッグマッチ
ゼウス イザナギ デビル紫× vs ヨシタツ 〇T-Hawk 立花誠吾

7分18秒  ケルベロス→片エビ固め

※ #STRONGHEARTSのT-Hawkとエル・リンダマンはアジアタッグのベルトを見せつけるゼウスとイザナギと向かいあう。アジアタッグを巡る今後の展開にも注目だ。

▼第6試合  世界ジュニアヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
青柳優馬 〇青柳亮生 ライジングHAYATO vs SUGI ブラックめんそーれ フランシスコ・アキラ×

11分12秒  ファイヤーバードスプラッシュ→片エビ固め

※勝利した青柳亮生に世界ジュニアのベルトを見せつける王者のSUGI

▼第7試合  メインイベント 
「第8回 王道トーナメント」優勝決定戦
〇諏訪魔 vs 芦野祥太郎×

21分57秒  バックドロップホールド

※諏訪魔が王道トーナメント優勝

(写真提供:伊藤ミチタカ氏)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事