【ドラゴンゲート】箕浦康太がGM直訴で割って入った4WAY戦に勝利!大田区でYAMATOのドリームゲートへの挑戦権を獲得

8日、DRAGON GATEは東京・後楽園ホールで『STORM GATE 2021』を開催。

第2試合のタッグマッチでドリームゲート王者のYAMATOに勝利した箕浦康太が、斎藤了GMにこの日のメインイベントでのドリームゲート挑戦権をかけた3WAY戦に入ることを直訴。

YAMATOからの要望と会場の拍手に押されてGMがこれを了承。

メインイベントに出場した箕浦康太がオーバー・ザ・トップロープでKAI、望月成晃が失格する中、最後に残ったBen-Kとの戦いを制し4WAY戦に勝利。9.20大田区総合体育館でのYAMATOとのドリームゲート戦へと望む挑戦者としてのカギを手にした。

STORM GATE 2021
【日時】2021年9月8日(水) 18:30開始
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】598人

メインイベントの試合経過は下記の通り

鬼の面で入場したBen-K

序盤はKAIと望月が共闘して後から入ってきた箕浦康太へ攻撃

Ben-Kは誰かれ構わず駆逐していくが…

コーナーにいるKAIにスピアーで突っ込んでいったところをかわされて、激しくコーナーに激突し場外に落ちる

KAIは望月を誘うもこれを拒否するモッチー

しかし二人で仲良くドラゴンスクリューからの足4の字固めを極めて武藤ムーブを揃って見せる

オーバー・ザ・トップロープを狙い2人でBen-KをブレーンバスターにいくKAIと望月だったが

望月が裏切り!KAIをBen-Kと共にブレーンバスターでかかえてトップロープにひっかけて

モッチーが蹴り飛ばしたところを

Ben-Kが体当たりでKAIを場外に落としオーバー・ザ・トップロープが成立。まずはKAIが脱落する

頭を使わなきゃとアピールする望月

箕浦康太は望月に「師範!」と望月道場時代の呼び方で望月に呼びかけBen-Kを倒そうと呼びかける

KAIの時と同様にオーバー・ザ・トップロープにひっかけて「師範!お願いします」と蹴りを要求

応えようとした望月を箕浦が裏切り!トップロープに三角蹴りに行くタイミングで後ろから突き飛ばす

頭を使わなきゃと道場時代の弟子にやられてしまったモッチー

一騎打ちとなった2人は激しく打ち合い投げ合う。Ben-Kは再三のスープレックスで箕浦を投げ飛ばす

しかし箕浦も負けじとBen-Kを絞りに絞り上げる

再三の箕浦の関節攻撃に遂にはレフェリーがストップをかける

第6試合 オープン・ザ・ドリームゲート王座次期挑戦者決定戦 4WAYマッチ 時間無制限勝ち残り

※決勝

×Ben-K  vs 箕浦康太〇 

(15分2秒 エングラナへ)

勝利した箕浦に挑戦権のドリームゲートのカギを渡すGM

最後はYAMATOがリング上に現れ大田区での決戦に向けて両者はにらみ合った。

YAMATOから2勝し、この日の4WAY戦にも勝利した「今ノリにノッている」箕浦康太。先月引退した吉野正人からはフィニッシュホールドのソル・ナシエンテの後継者にも選ばれている。YAMATOにソル・ナシエンテを繰り出す瞬間が訪れれば、若き挑戦者がドラゴンゲートの最高峰のベルトに手をかける可能性も十分考えられる。

果たしてどの様な結末が訪れるのか、決戦の日まで楽しみに待ちたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事