【ドラゴンゲート】初登場のストロングマシーン・Kがツインゲート挑戦へ!ススム「オマエ、近藤だろ!」

8日、DRAGON GATEは東京・後楽園ホールで『STORM GATE 2021』を開催。

第4試合でNATURAL VIBESの堀口元気&KING清水&横須賀ススム vs マシーン軍団のストロングマシーン・J&ストロングマシーン・G&ストロングマシーン・Kの6人タッグマッチが行われた。

STORM GATE 2021
【日時】2021年9月8日(水) 18:30開始
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】598人

試合経過は下記の通り

NATURAL VIBESはテーマ曲にのってダンス。FUNKY “JACKY” KAMEIとU-Tがマイクで盛り上げる

中央で仁王立ちをしていたKING清水もキレのあるダンス

一方のマシーン軍団は3人そろっての入場。この日、初登場のストロングマシーン・Kはリングアナのコールで初めてKであることが明かされた。

3人の中で最も立派な体躯のストロングマシーン・K

ススムはツインゲートのベルトを誇示して試合に臨む

ストロングマシーン・Kと力比べを何度も行ったKING清水。ショルダータックルでKを倒してダンス

NATURAL VIBESはコーナートップでの連携も冴えわたる

試合中盤で、ススムがストロングマシーン・Kのマスクを剥ごうとするもこれを必死に遮るマシーン軍団

強烈なダブルショルダータックルで堀口を吹っ飛ばすマシーン軍団

堀口元気はコーナーポストに股間を激しく打ち付けられ悶絶。恐るべしマシーン軍団

KING清水はマシーン2人を抱えて投げ捨てパワーをみせつける

ストロングマシーンの強烈なラリアットをのど元に食らうも

仁王立ちでものともしないKING清水。これにはストロングマシーンも恐れおののく

さらにハンマーを打ち下ろすも

気合いを見せつけるKING清水。とてつもないタフネスぶりだ。

ストロングマシーン・Kはザ☆オリジナル(変形オクラホマスタンピード)でススムを叩きつける

最後はマジックキラーでKING清水を投げつけて

強烈なキングコングラリアットで勝負あり。スリーカウントが入った。

第4試合 6人タッグマッチ 1/30

横須賀ススム&KING清水×&堀口元気 vs ストロングマシーン・J&ストロングマシーン・G&ストロングマシーン・K〇

(10分34秒 キングコングラリアット→片エビ固め)

試合後、ストロングマシーン・Jがマイクを握り勝利を喜ぶ

ストロングマシーン・J「予告通りアイツを連れてきたぞ。新兵器、その名もストロングマシーン・Kだ。見たよな?」

ストロングマシーン・J「早速ツインゲート王者のKING清水から3カウント取ったぞ?」

ストロングマシーン・J「オレが何を言うか分かるよな?オレとストロング・マシーンKで、お前らのベルト、挑戦させろ!」

勝利の原動力となったストロングマシーン・Kと共にツインゲートへの挑戦表明

これに横須賀ススムがマイクで応じようとするが「先に片づけなきゃいけない問題がある…」とGMを呼び出す

ススム「GM、ストロングマシーン・Kって誰だかわかります?Kですよ?」

斎藤了GM「神田?」「KAI?」「KJ?」など一通りやり取りをした末に、ススムが結論付ける。

ススム「オマエ、近藤だろ!オマエ、修司だろ!」

と初登場の日に確信をつく答え合わせ。藤波辰爾の「オマエ、平田だろ!」発言から36年後に、またしてもストロングマシーンの正体が指摘されてしまう事態が発生した。

斎藤了GMはストロングマシーン軍団とNATURAL VIBES組によるツインゲート戦を9.20大田区総合体育館大会で実施することを決定

ここにビッグマッチでマシーン軍団vsNATURAL VIBESによるツインゲート戦が決まった。KING清水とストロングマシーン・Kのパワーファイトがぶつかり合う。そして正体を指摘されたKの今後は一体?色んな意味で注目のカードである。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事