【新日本】オカダが棚橋との『G1』初戦に勝利!「目が覚めましたよ、棚橋弘至と闘うことによって」<G1 CLIMAX31>

新日本プロレスは9月19日(日)、大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)で『G1 CLIMAX 31』第2戦を開催。

今大会ではBブロック公式戦、5試合が行われた。

メインの公式戦では現IWGP USヘビー級王者・棚橋弘至とオカダ・カズチカが対戦。

新日本プロレスの黄金カードと言える棚橋vsオカダ戦。

共に新日本プロレスを代表する両雄の激突は、序盤から互いの得意技を披露する熱く激しい戦いとなった。

棚橋の場外ハイフライフローから大技攻勢へ、対するオカダも一歩も引かずに徹底抗戦。

両者体力の限界近くになり、残り時間が1分を切ったところでオカダが猛チャージ。

カウンターのドロップキックから開脚式のツームストンパイルドライバーを決めた。

そして最後はレインメーカーで激闘に終止符を打った。

試合後、勝利を手にしたオカダはマイクを手に取り「大阪ー!棚橋戦、公式戦の中での一試合かもしれないけど、この大阪のお客さんや、俺にとってはすごい意味のある一試合だったと思います。そして、いままでのオカダ・カズチカじゃなくて、“レインメーカー”オカダ・カズチカが帰ってきたぜ!安心して。いま、なかなか元気じゃない世の中だけど、俺が、“レインメーカー”オカダ・カズチカが帰ってきたからには、新日本プロレス、すごい戦いを見せていくし、世界中、元気にしていきます!『G1』、昨日A、今日B、満足していただけましたか?こんなもんで満足してんじゃねえよ、コノヤロー!まだ始まったばかりなんだよ!まだまだ、プロレスの火か、『G1』の火か、わからないけど、灼熱の秋、灼熱のレインメーカー、見せていきますのでよろしくお願いします!今日はありがとうございました!というわけで、『G1 CLIMAX』にカネの雨が降るぞー!!」と叫び大会の幕は閉じた。

『G1 CLIMAX 31』
日時:2021年9月19日(日) 12:30開場 14:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:2,188人

▼第6試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
棚橋 弘至 ×(1敗=0点)
vs
オカダ・カズチカ 〇(1勝=2点)
29分36秒  レインメーカー→片エビ固め

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2