【新日本】棚橋が後藤を丸め込み『G1』1勝目「オレがみんなに希望を見せますよ」<G1 CLIMAX31>

新日本プロレスは9月24日(金)、東京・大田区総合体育館で『G1 CLIMAX 31』第4戦を開催。

今大会ではBブロック公式戦、5試合が行われた。

第一試合の公式戦では棚橋弘至(0勝1敗)と後藤洋央紀(0勝1敗)が対戦。

共に1勝目をかけた対戦となり、ジックリと攻める棚橋に対し後藤も応戦。

互いの得意技で一進一退の攻防を展開するも、最後は棚橋が一瞬のスキを突き後藤を丸め込み1勝目をゲットした。

試合後、勝利を収めた棚橋はバックステージで「この『G1 CLIMAX』期間中、AブロックかBブロックか決勝か、どの試合かは分からんけど、みんなに希望を、未来を見せられるような試合が出てくると思います。って、他人任せじゃダメだね(笑)。オレかッ! オレだなッ! オレだッ! オレがみんなに希望を見せますよ」とコメント。

※試合後バックステージコメント全文掲載。

『G1 CLIMAX 31』
日時:2021年9月24日(金) 17:00開場 18:30開始
会場:東京・大田区総合体育館
観衆:816人

▼第1試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
棚橋 弘至 〇(1勝1敗=2点)
vs
後藤 洋央紀 ×(0勝2敗=0点)
14分10秒  スモールパッケージホールド

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2