【WWE】ビッグEがラシュリーとのスチールケージ戦を制して王座防衛もマッキンタイアが大剣で挑発!

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間9月28日、オハイオ州シンシナティのヘリテイジ・バンク・センターにて行なわれたロウがライブ配信された。

◆ビッグEがラシュリーとのスチールケージ戦を制して王座防衛もマッキンタイアが大剣で挑発!

ビッグEが前王者ボビー・ラシュリーとのWWE王座スチールケージ戦を制して王座防衛に成功するも、試合後にドリュー・マッキンタイアが現れて大剣で王者を挑発した。

ロウ・オープニングに登場した王者ビッグEと前王者ラシュリーが王座戦リマッチで激突すると序盤、ラシュリーがバリケードやポストにビックEを叩きつけて圧倒。

試合途中にはハートビジネスのメンバーだったシェルトン・ベンジャミンとセドリック・アレクサンダーがリングサイドに姿を現すと動揺したビッグEはラシュリーのスパインバスターやスピアーを食らってピンチになってしまう。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

するとそこへニュー・デイのコフィ・キングストン&エグゼビア・ウッズが救援に現れて乱闘となると王座戦はノーコンテストに。

試合後にはWWEオフィシャルのアダム・ピアースが登場してスチールケージでの王座再戦を決定するとメイン戦となった試合ではビッグEがゴング前からラシュリーに襲撃されて鉄製ステップやポストに叩きつけられてしまう。

続けて試合が始まるとビッグEがラシュリーにドラゴンスリーパーで締め上げられ、さらにベンジャミン&アレクサンダーが再び介入して劣勢となったが、キングストン&ウッズが救援に現れて2人を蹴散らした。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはビッグEが連続攻撃を食らいながらもビッグエンディングを放ったがこれは決定打とならず、最後は金網を登るラシュリーを捕まえるとそのまま2ndロープから2発目のビッグエンディングを叩き込んで3カウント。

ビッグEはラシュリーとのスチールケージ戦を制してWWE王座防衛に成功した。

試合後にはビッグEがタイトルにキスして自身の王座防衛を誇っていると、突如ステージにドリュー・マッキンタイアが現れて持っていた大剣で挑発した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事