【新日本】飯伏幸太が”策士”矢野通を攻略して3勝目をゲット!「こういうのも、僕は大好きですよ」」<G1 CLIMAX31>

 新日本プロレスは9月30日(木)、東京・後楽園ホールで『G1 CLIMAX 31』第7戦を開催。

今大会ではAブロック公式戦(4日目)全5試合が行われた。

第4試合の公式戦では『G1』連覇中の飯伏(2勝2敗)と「KOPW 2021」保持者の矢野通が対決は矢野がゴング直後から「セコンド」とかかれた袋を飯伏の頭に被せ丸め込みやリングアウトを狙うなどの攻撃を切り抜け、ボマイェからのカミゴェで勝利した。

レフェリーにチェックをさせる飯伏。

何も入っていないと確認させると見せかけて袋をかぶせる矢野。

場外カウント19でギリギリに戻った。

矢野の急所攻撃をかわす。

ボマイェからのカミゴェできっちり3カウントで勝利した飯伏。

勝利後、矢野に袋を被せるとそのまま退場。

※試合後バックステージコメントを全文掲載。

『G1 CLIMAX 31』
日時:2021年9月30日(木) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:689人

▼第4試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Aブロック公式戦
〇飯伏 幸太(3勝2敗=6点)
vs
×矢野 通(3勝2敗=6点)
4分03秒 カミゴェ→片エビ固め

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2