【CMLL】藤本つかさ、春輝つくし、向後桃がボラドールの新ユニットと合同練習

藤本つかさ、春輝つくし、向後桃がボラドール・ジュニア率いるロス・デプレダドーレス練習に参加した。

ロス・デプレダドーレスとは、ボラドールが率いる新ユニットであり、メンバーはCMLL期待の次期スター選手達で構成されている。

女子3選手はそれに交じって、ボラドール・ジュニア指導のもと、試合形式での実戦練習を行なった。メンバーは覆面選手のため、取材は非公開。

練習後、ボラドール・ジュニアは、「3人ともすごくいい選手だね。日本とメキシコはスタイルが違うので、メキシコのスタイルになれたほうがいい。メキシコはアグレッシブなので、それを得るためには経験を積んでいくしかない。たくさんメキシコにいる間に経験を積んで、それを日本に持ち帰って自分のものにしてほしい」とアドバイスした。

また、練習を終えて、「日本人って恥ずかしがり屋と思いました。メキシコの練習は最初からみんな力がみなぎってて、見習わなきゃと思いました。あと、できるかできないかじゃなくて、やるしかない。それを強く思いました」(藤本)

「ふだん日本ではやったことのない練習をたくさん教えていただいたので、もっともっとルチャを吸収したいと思いました」(つくし)

「すごく刺激的でした。頑張らないとといつも思ってるんですけど、改めて強く思いました」(向後)

とそれぞれ振り返り、練習後は、スペルエストレージャであるボラドール・ジュニアへのリスペクトを忘れなかった。

その後、マヒア・ブランカ、ダイヤモンド、マグヌスら若手メンバーとも交流を深め、アドバイスを得た3選手。いよいよ明日に迫ったアレナメヒコ第1戦でその成果を見せることができるか??

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事