【新日本】棚橋がSANADAと熱闘を展開!オカダが後藤とのCHAOS対決に勝利!YOSHI-HASHIはタイチから白星獲得!EVILがオーエンズに勝利し亀裂発生!?コブがタマを下し4連勝!10.1浜松:全試合結果<G1 CLIMAX31>

新日本プロレスは10月1日(金)、静岡・浜松アリーナで『G1 CLIMAX 31』第8戦を開催。

今大会ではBブロック公式戦(4日目)を含む、全6試合が行われた。

メイン(第6試合)の公式戦では、IWGP USヘビー級王者の棚橋弘至(2勝1敗)とSANADA(2勝1敗)が対戦。

両者は合わせたように同じ技を繰り出す試合展開となったが、最後は棚橋がハイフライフローでSANADAを沈めた。

試合後、勝利を収めた棚橋はマイクを手に取り「しっかりみなさんの前で宣言しておきます。ちょっくら、『G1』、優勝してきます。」と力強く優勝宣言。

※全試合結果&試合後バックステージコメントを全文掲載。

『G1 CLIMAX 31』
日時:2021年10月1日(金) 17:00開場 18:30開始
会場:静岡・浜松アリーナ
観衆:1,101人

<試合結果>

▼第1試合 20分1本勝負
大岩 陵平 ×
vs
金丸 義信 〇
7分36秒  足4の字固め

■試合後バックステージコメント

金丸「あ~あ、久しぶりの試合、いいウォーミングアップだったよ。もう1試合やるか。でもパートナーがいねえからな、しょうがねえけどよ。パートナー、どこで何やってんだよ?オイ、戻って来て、やるぞ。デスペ、早く来いよ」

大岩「(※左ヒザを押さえ、足を引きずりながら引き揚げてきて)クソーーーーッ! ああーーーー! また負けた! 全然ダメでした。もっと強くなります。ありがとうございました」

▼第2試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
ジェフ・コブ 〇(4勝0敗=8点)
vs
タマ・トンガ ×(1勝3敗=2点)
12分47秒  ツアー・オブ・ジ・アイランド→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

 

コブ「よし! オイ、見たか? まず今日のタマは何のズルイ手も使わず、正面から挑んできた。そこはよかったぞ。でもな、オレにとっては楽勝な相手だった。これで4勝0敗。

次は……タイチか。何回タイチと闘ってきたかは覚えてないが、おまえの腰に光る宝が見えるぞ。タイチ、タイチ、タイチ……前回と同じ結果にはならないぞ。今のオレは、去年の『G1』におけるジェフ・コブとは全くの別人だ。

さらにタフになったし、もうナイスなヤツでもない。それから肌の色ももっと黒くなった。おまえにUNITED EMPIREの新生ジェフ・コブの力を味合わせてやるぜ」

タマ「(※左の鎖骨あたりをアイスパックで冷やしながら)コブ、さすが評判通りの強さだな。リスペクトしかねえよ。おまえとシングルで闘ったのは今日が初めてだ。今日はいつもと戦略を変えて、スピードとスタミナを活かした頭脳戦で挑んだ。

でもおまえは、その体のデカさの割に全然息切れもしてなかった。すごいな。おめでとう、コブ。でも、FxxK YOUだ。さて、次はEVILか。ちょっとばかしケリを付けるべき問題もあるよな。 オイ、EVIL、“アイツ”は知ってると思うか? オレはそうは思わないけどな……」

▼第3試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
“キング・オブ・ダークネス”EVIL 〇(3勝1敗=6点)
vs
チェーズ・オーエンズ ×(0勝4敗=0点)
12分38秒  EVIL→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

EVIL「こっちはよ、あいつのこと思って、最初っから負けろっつったのによ。無駄な体力使わせやがって。まあいい、勝ちは勝ちなんで。いいかオイ、このオレが、法律なんだ。いいかオイ、このオレが! 法律だ。何回でも言ってやるよ。このオレがこのリングの法律だ。よく覚えとけ」

オーエンズ「(※ゆっくりした足取りでコメントスペースにやって来て、フロアに腰を落とす)EVIL、どうやらおまえを高く見積もってたみたいだな。おまえが姑息なヤツだってことはわかってたけど、BULLET CLUB同士のシングルではクリーンファイトで挑んでくるはずだって思ってた。おまえも、オレがそう思ってるのをわかってたはずだ。でもおまえはやっぱり、いつも通りだったな。

EVIL、結局のところ、おまえはディック東郷の手助けなしじゃ勝てないんだろ? オレの『G1』、これで0勝4敗だ。予想してた成績には程遠い! 全然勝てないなんて、オイオイ、信じられないぜ! でも毎試合、あと一歩のところまで、本当にあと一歩のところまで相手を追い詰めることはできている。だけど勝つにはなにかが足りない。ああ、0勝4敗じゃ、もう敗退は決まったようなものか?残るは5試合。

次は? “エース”か。そう“エース”ヒロシ・タナハシだ。現在までの成績は0勝4敗だけど、次。エースに勝ったら一気に這い上がっていけるはずだ。それにオレが勝てば、IWGP USヘビー級のベルトに挑戦する権利も手にできる。そうだよな? それからな、ここで勝てれば初出場の『G1』で“エース”ヒロシ・タナハシに勝ったって、正々堂々と胸を張って言える! コーラクエンホールで、オレがショックを与えてやる。(※ゆっくり立ち上がりながら)大番狂わせを見せてやる。絶対に0勝5敗にはならないぞ! そこでオレの『G1』が始まるんだ。見とけよ」

➡次ページ(G1 CLIMAX公式戦・後半)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2