【東京女子】坂崎ユカ&瑞希のマジラビがNEO美威獅鬼軍を破り、2年ぶりにプリンセスタッグ王座奪還!「大きくなって、私たちの元に返ってきました」

 東京女子プロレスが10月9日、東京・大田区総合体育館で年間最大の祭典「WRESTLE PRINCESS Ⅱ」を開催。坂崎ユカ、瑞希のマジカル・シュガー・ラビッツ(以下、マジラビ)が、沙希様、メイ・サン=ミッシェルのNEO美威獅鬼軍を破り、2年ぶりにプリンセスタッグ王座奪還を果たした。

 これまで東京女子マットで猛威を振るい、4月17日の後楽園大会ではタッグ王座を奪取した美軍は、いつも以上に絶妙の連係を披露。マジラビも負けじと抜群のコンビネーションを発揮。

メイ・サンは新兵器のモップまで持ち出して奮戦したが、瑞希がキューティースペシャルを連発し、そのままホールドして3カウントを奪取した。

 19年6月に美軍(沙希様、操)に奪われたタッグ王座を獲り返したマジラビは、バックステージでも会心の笑み。坂崎が「大きくなって、私たちの元に返ってきました。最初に持ってた頃より、メッチャ強くなってる」と言えば、瑞希は「心が折れかけたところあったけど、マジラビが一番大好き」と話した。

 かたや、王座から陥落した沙希様は「メイ・サン、謝ってらっしゃるみたいだけど大丈夫よ。そんなに怒ってないから。こうやって落ち込んでらっしゃるみたいだけど、この間、一人前のメイドになったばかりなわけ。メイ・サンはこんなに頑張ってらっしゃるの。責めないでちょうだい」と前を向いた。

【大会名】WRESTLE PRINCESS Ⅱ
【日時】2021年10月9日(土)
【会場】東京・大田区総合体育館
【観衆】914人

オープニングマッチ 20分一本勝負
○らく&原宿ぽむ&ラム会長 
vs 
猫はるな●&桐生真弥&鳥喰かや
10分9秒 片エビ固め
※ドクターイエロー

第二試合 3WAYマッチ 20分一本勝負
辰巳リカ vs ●ハイパーミサヲ vs 天満のどか○
10分55秒 片エビ固め
※キルスイッチ

第三試合 20分一本勝負
○上福ゆき&朱崇花 
vs 
角田奈穂●&小橋マリカ
10分30秒 片エビ固め
※ダイビング・フェイマサー

第四試合 20分一本勝負
里歩&○中島翔子 
vs 
鈴芽●&遠藤有栖
14分52秒 片エビ固め
※ダイビング・セントーン

第五試合 スペシャルタッグマッチ 20分一本勝負
○アジャコング&宮本もか 
vs 
渡辺未詩&荒井優希●
16分3秒 片エビ固め
※ダイビング・エルボードロップ

第六試合 インターナショナル・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○乃蒼ヒカリ vs 愛野ユキ●<挑戦者>
11分27秒 ブリザード・スープレックス・ホールド
※第6代王者が3度目の防衛に成功。

セミファイナル プリンセスタッグ選手権試合 30分一本勝負
<王者組>沙希様&●メイ・サン=ミッシェル 
vs 
<挑戦者組>坂崎ユカ&瑞希○
18分33秒 キューティースペシャル
※沙希様組が3度目の防衛に失敗、マジカルシュガーラビッツが第9代王者組となる。

メインイベント プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○山下実優 vs 伊藤麻希●<挑戦者>
17分23秒 片エビ固め
※クラッシュ・ラビットヒート。第9代王者が3度目の防衛に成功。

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事