【新日本】オカダがG131制覇!飯伏幸太はレフェリーストップに!オカダ「胸を張ってG1チャンピオンと言いたい」10.21 日本武道館

21日、新日本プロレスは東京・日本武道館で『G1 CLIMAC31 優勝決定戦』を開催。

メインイベントでAブロック1位の飯伏幸太とBブロック1位のオカダ・カズチカが対戦した。

オカダは再三の飯伏の厳しい攻めに耐え抜き、飯伏がカミゴェからのフェニックススプラッシュを放ったその刹那…飯伏は身動きがとれなくなり負傷し身動きがとれなくなったと判断され、ドクターストップによりオカダが勝利。オカダ・カズチカがG1 CLIMAX31の覇者となった。

G1 CLIMAX 31 優勝決定戦
【日時】2021年10月21日(土) 16:30開場 18:00開始
【会場】東京・日本武道館

試合経過は下記の通り

入場の花道に飯伏を誘導し場外DDTを放ったオカダ

オカダはマネークリップで飯伏を再三締め上げる

飯伏はトップロープからのラ・ケブラータを敢行

飯伏がカミゴェをヒットさせるもオカダはキックアウト。飯伏はニ―パットをずらしとどめの一撃を狙う

飯伏は渾身のフェニックススプラッシュを実施するもオカダはこれをかわす

飯伏が身動きがとれなくなり、レッドシューズ海野レフェリーが試合を止めた。

▼第5試合 時間無制限1本勝負
「G1 CLIMAX 31」優勝決定戦

【Aブロック代表】✖飯伏幸太 vs オカダ・カズチカ〇【Bブロック代表】

25分37秒  レフェリーストップ
※オカダが『G1 CLIMAX 31』優勝

試合後、動けない飯伏にドクターが駆け込む

オカダは飯伏に「もう1度」とジェスチャー

あと少しのところで怪我により試合を終わらせてしまった飯伏は悔しさをこらえきれず

リング上ではオカダが大張社長から優勝旗とトロフィーを授与される

オカダ「G1CLIMAX~!決勝戦、怪我でレフェリーストップという形になってしまいましたけど、ボクは胸を張ってG1CLIMAX31のチャンピオンだと言いたいと思います。日本全国で熱い戦いをしてきたという自負もありますし、勝ちは勝ちです。G1のチャンピオンはオレだ~!本当に1ヶ月に渡り熱い熱い応援ありがとうございました。これから東京ドームに向けて、いや関係ない。新日本の中心はレインメーカー。オレが盛り上げないと面白くないでしょ。またオレが盛り上げていきます。というわけで…と言いたいところですが、飯伏幸太…不完全燃焼なんです。またやろうぜ、この野郎!G1チャンピオンとして新日本プロレスにお願いをさせて下さい。飯伏幸太とまたやらせて下さい。飯伏幸太を待つ証として4代目IWGPヘビーのベルトを下さい。そして新日本プロレス、オレが盛り上げていきます。というわけで、新日本プロレスに金の雨が降るぞ!」

次ページ、オカダとCHAOSのバックステージコメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2