【新日本】オカダが権利証代わりの“IWGPヘビー級4代目ベルト”を肩に登場!「闘うときはいつでも、このベルトを持って行きたいなと思います」10.24後楽園

新日本プロレスは24日(日)、東京・後楽園ホールにて『Road to POWER STRUGGLE』を開幕戦を開催。

秋のビッグマッチである11.6大阪決戦『POWER STRUGGLE』に向け、各選手が動き出した。

第5試合は『G1 CLIMAX 31』覇者のオカダ・カズチカ&真壁刀義&本間朋晃がBULLET CLUBタマ・トンガ&タンガ・ロア&邪道と6人タッグで対戦。

試合は11.6大阪での東京ドーム・IWGP世界ヘビー級王座挑戦権利証争奪戦でオカダと対戦するタマが本間をガンスタンで仕留め3カウントを奪った。

『Road to POWER STRUGGLE』
日時:2021年10月24日(日) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:598人

▼第5試合 30分1本勝負
本間 朋晃 ×
真壁 刀義
オカダ・カズチカ
vs
邪道
タンガ・ロア
タマ・トンガ 〇
11分32秒  ガン・スタン→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

タマ「レインメーカーの時代はもう終わった! ここから俺の時代が始まる! 俺がニュージャパン・プロレスを思いどおりに動かしてやる。オカダ、俺なんて眼中にないか!? それなら、『G1』公式戦の真っ向勝負で、この俺に負けている事実をもう1度しっかり受け止めるべきだ。

このシリーズでお前が誰と組んで対角線に立とうが、俺がブッ飛ばして、お前を仕留める! いまのお前にかつての強さは見えねぇ。いまのお前じゃもうカネの雨は降らせられないんだよ! お前はもう“ゴールデンボーイ”なんかじゃねぇ!」
 
※タンガ&邪道はノーコメント

真壁「オイ、あのクソ野郎たちから“ケジメ”獲ってやるよ。今シリーズかぎりだよ。カッチリとケジメ獲ったる」

オカダ「タマ、俺を倒すなら、早いうち倒したほうがいいよ。まだ『G1』のダメージが(※指で小さな隙間を作り)多少あるけども、いまのうちにどんどんどんどん攻めてこないと。まあ、いい。ヴェレノも食らったよ。どんどんどんどん来てよ。じゃないとお客さんも『もう100%オカダが勝つよね』って思ってしまいますよ。

(※4代目IWGPヘビーベルトをカメラに示し)まあ、(IWGP世界ヘビー挑戦)権利証、言ってきたように、俺はね、チャンピオンじゃないから。まあ、『G1 CLIMAX』のチャンピオンではあるけども、このベルトのチャンピオンではなく権利証というものをこうやって持って、まあ東京ドームに向けてもそうだし、その先の闘うときはいつでも、このベルトを持って行きたいなと思います」
 
※本間はノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事