【重大発表あり】異色の経歴を持つ“ミスコン2冠王者”のツジ・ルイスさんが登場!そしてまさかの展開へ!!<プロレスTODAY増刊号>

ミス東スポ・ミスSPA!グランプリ2冠王者で”プロレス大好きグラビアアイドル”のツジ・ルイスさんがプロレスTODAY編集部に来社。

ツジさんは栃木県出身の身長147cm、血液型A型、グラビアアイドルとしてミス東スポ・ミスSPA!のグランプリ2冠を獲得。

また自身が代表取締役を務める会社を持つマルチクリエイター。

グラドルとして活動する傍ら合同会社Replaicaでデザイナー・カメラマン・イベント制作まで幅広くこなしているが、過去には電気工事士としても働いていた異色の経歴の持ち主である。

電気工事士時代はTV・コンサート系の裏方をやっており、LEDの装置やディスプレイの設置、開発系をずっとやった後に、会社の中でWEBデザインなどのポジションもやり「これできたらそっちの仕事ってもっと自由にできるかも」と思い立ったが吉日で独立と、その行動力には驚くばかりである。

▼ツジ・ルイスさんインタビュー動画はこちらから視聴可能

プロレス愛に溢れ「人生捧げてます」と豪語するそんなツジさんにプロレスTODAY増刊号では色々な話を聞いてみたが、ここではそこからピックアップしてお届けします。

①プロレス大好きグラドルとして現在の活動は?
「現時点ではミス東スポを獲ってから、本当はプロレス大賞があるはずだったんですど、コロナの影響でなくなってしまいました。おかげさまでとある雑誌の企画で、芸人さんにプロレスクイズを出してくださいっていうのと、プロレス技かけてくださいっていうのがあったり、あと大日本プロレスさんのラジオに出させていただいたりと、でもそれぐらいですかね」とコロナの影響により活動が難しかったが、「悔しかったので、自分で毎月これだけプロレスを見にいっているんだぞっていうのをアピールしまくって、なんとか今は各所に声をかけていただいて」と現在は、鳥越アズーリFMにて毎月第二火曜日22:00~『プ女子の世界ノ・ゾ・キ・ア・ナ』という番組にてMCをしている。

②プロレスとの出会い
「小学生ぐらいの時に実家のテレビでたまたまやってたプロレス番組で、新日本プロレスの棚橋弘至選手がハイフライフローを飛ぶとこだったんですよね。もうそれファーストインパクトです。なんかスーパーマンとかヒーローものを見てる感じの感覚で、それ以来ずっと棚橋さんが出ると見るみたいな」

③現在の推しレスラーは?
DDTプロレスの”ピープルズ・バトルドール”ヨシヒコ選手とチョコレートプロレスのバリアンアッキ選手
ヨシヒコ選手について「闘う人によってスタイルが変わるじゃないですか。飛距離や技のかける感じとかそれが見てて面白い。選手の力量を測る人っていうイメージで(笑)」アッキ選手は「インド出身のレスラーっていうのがニッチで、若干自分でネタにしてるじゃないですか”ナマステ”とか”ナマステプレス”とか、そこが面白くてしょうがない」と魅力を語った。


④今年見た興行で印象に残っている試合は?
2021年9月14日、15日に行われた日本プロレス史70周年記念大会『LEGACY』(レガシー)で、今大会では殿堂入りセレモニーなども行われたが、藤原喜明&AKIRA&佐藤耕平&入江茂弘vs藤波辰爾&越中詩郎&新崎人生&阿部史典の試合が「レジェンドの方々が目の前で試合してると思って、凄い泣いたんです」とプロレスの歴史を感じて涙したそうだ。


⑤ミス東スポ & ミスSPAグランプリ獲得について
ミスコン2冠で、ミスSPAについては初代グランプリとなるが「ファイナルまで行っとき一番思っのは、グラビアアイドルエントリー少なかっです。ファイナルも少なくて12人中2人だけグラビアアイドルでそれ以外は全然違うジャンルってなった時に、グラビアアイドルして獲らなきゃっていう気持ちが結構大きくて」と当時を振り返った。

⑥今後の目標
「プロレス好きとして徐々に名声を上げているので、プロレス業界に食いついていきたい。自分を通してもっとプロレスを盛り上げられたらっていうのがあって。今年始ってずっと言っているのが、プ女子グラドルとしてまず確立したい。プ女子というかただのプヲタとして認められて、私普段カメラが凄い好きなんで、あわよくばプロレス関係の公式で、なんかで撮れたりとかできたらいいなって、公式として認められたい」と目標を掲げた。

⑦重大発表!プロレスTODAY公認“二代目プ女子部長”就任!
初代プ女子部長は、現在スターダムで活躍する白川未奈選手がレスラーになる前に観戦コラムや取材などで活躍してもらっていたが、プロレスTODAY山口総監督より”二代目プ女子部長”就任が発表された。

二代目プ女子部長としてはプロレスTODAY増刊号にアシスタント出演、出張リポート、選手インタビュー、コラムの寄稿などを予定しているのでお楽しみに!

プロレスTODAY増刊号内ではさらにたっぷりと語ってくれていますので動画を是非ご覧ください。

▼ツジ・ルイスさんプロフィール

身長 147cm サイズ B86 W60 H88「童顔グラドル社長」
グラビア / タレント / 俳優/芸術家

2015年4月 電気工事士として特殊美術職に就職。
電気工事士としてステージ演出や商業施設の演出に携わる。
工事だけでなく、Web制作や広報活動、映像制作など様々な分野で活躍し、
大きな実績としては有名テーマパークでの映像制作などもある。
会社員としての自分の限界に悩み、デジハリ入学後、4年務めた企業を退職。

2019年9月 フリーランスとして開業。
主な事業内容はデザイン制作・広告運用・カメラマン・Web 制作・映像制作など。
またデザイン制作の他に芸術家として作品制作などもはじめ、
クリエイターとして活動の幅を広げるべく、芸能事務所に所属。
活動はラジオ MC や俳優、モデル、声優、グラビアなど様々である。

2020年7月 前事務所退所。
その後、同様に事務所を退所した仲間と共にフリータレントとしての活動を始める。

2021年1月 合同会社レプライカ設立。
同社はデザイン制作会社でありながら、イベント制作や芸能事業を行う企業になる。
※Replaica公式サイトより

■Replaica公式サイト
https://www.replaica.work/

■Twitter、Instagramなど各種はこちら
linktr.ee/ruis0119

■鳥越アズーリFMにて毎月第二火曜日22:00~『プ女子の世界ノ・ゾ・キ・ア・ナ』
https://azzurri-fm.com/program/index.php?program_id=183

<インタビュアー:プロレスTODAY総監督 山口義徳>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事