【FMW-E】12・19鶴見は史上初の20名以上参加の“地獄の電流爆破ハードコアランブル”を開催!21年の電流爆破アイテムの集大成に

 大仁田厚が率いるFMW-Eの年内最終戦「CARNIVAL」(12月19日、神奈川・鶴見爆破アリーナ=鶴見青果市場)のメインイベントで、史上初の“地獄の電流爆破ハードコアランブル”が開催されることが決まった。

 この試合は同団体が7月4日に同所で旗揚げして以降、使用してきた数々の電流爆破アイテムの集大成となる。ただし、11月21日の鶴見大会で国内初使用となった蛍光灯電流爆破バットは破片が飛散し、観客の身体に危険が及ぶ可能性があるため外される。

試合形式はロープ1面に有刺鉄線電流爆破が巻かれ、有刺鉄線電流爆破バットが5本、電流爆破イスが2脚、電流爆破テーブルが1台用意され、1面のリングサイドに有刺鉄線バリケードマット地雷爆破が置かれる。さらに10月24日の鶴見大会で度肝を抜いた邪道ロケットも設置され、まさに“地獄のデスマッチ”のロイヤルランブル版となる。邪道ロケットを含めると最大11発の爆破が行われる。ロイヤルランブルだけに敵、味方を問わずめまぐるしい爆破合戦になるのは必至だ。

 出場選手は大仁田を始め、雷神矢口、ミスター・ポーゴ、アブドーラ・小林、リッキー・フジ、バラモンシュウ、バラモンケイ、佐藤光留、魔苦・怒鳴門、佐野直、HASEGAWA、谷口裕一、櫻井匠、Mr.アトミック、外崎幸作、Theよっちゃん、江野澤和樹ら総勢20名を超える選手が参加する。追加参戦選手は追って発表される。

 また、藤田あかねと鈴季すずによる「女子電流爆破プリンセストーナメント」決勝戦は電流爆破バットが2本使用される。

 なお、同団体は本拠地の鶴見爆破アリーナが屋根があるとはいえ、実質的に野外同然で冬季は寒さで観客に負担をかけることから“冬眠”し、来年3月に活動を再開する予定だ。

★FMW-E第6戦 12月19日(日)神奈川・鶴見爆破アリーナ(鶴見青果市場) 13時開始 対戦カード

第1試合 ミックスドタッグマッチ
杏ちゃむ、Theよっちゃん VS ミス・モンゴル、魔苦・怒鳴門

第2試合 女子電流爆破プリンセストーナメント決勝(電流爆破バット2本使用)
藤田あかね VS 鈴季すず

第3試合 2021年の電流爆破集大成!
地獄の電流爆破ハードコアランブル~有刺鉄線電流爆破1面+有刺鉄線電流爆破バット+電流爆破テーブル+電流爆破イス+有刺鉄線バリケードマット地雷爆破+邪道ロケット・デスマッチ
<出場決定選手>
大仁田厚、雷神矢口、ミスター・ポーゴ、アブドーラ・小林、リッキー・フジ、バラモンシュウ、バラモンケイ、佐藤光留、魔苦・怒鳴門、佐野直、HASEGAWA、谷口裕一、櫻井匠、Mr.アトミック、外崎幸作、Theよっちゃん、江野澤和樹、その他(総勢20名以上)

〈写真提供:FMW-E〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事