【東京女子】22年1・4後楽園での山下実優VS瑞希のプリプリ王座戦が正式決定!歴史あるイッテンヨンでのタイトル戦に瑞希は涙

 東京女子プロレスが11月26日、東京・千代田区の神田明神内で記者会見を開き、22年イッテンヨン(1月4日)、後楽園ホール大会でのプリンセス・オブ・プリンセス王座戦が、この日、正式に決まった王者・山下実優と、挑戦者・瑞希が出席した。

 瑞希は「みぃちゃん(山下)と試合するのはすごい怖いとか、そういう気持ちもあったけど、所属になって1年経って逃げてるだけじゃダメ。すごいなとか尊敬してる気持ちだけじゃダメ。ここで東京女子を背負っていけるようになりたいと思って挑戦を表明した」と話した。

 山下は「昨日(11・25後楽園)、タッグで取られて。トーナメント(第8回東京プリンセスカップ)で負けてて、その悔しさがあって。そこで闘いたいという気持ちがあって。(瑞希が)マイクで挑戦したいと言って、即答で“やってやるよ”って思った。闘いたいのはそれだけじゃなくて、東京女子を背負いたいという思いが伝わってて。そういう瑞希だからこそ、イッテンヨンで闘いたいって気持ちです。負けた結果を晴らすだけじゃなくて、そこにも理由があって。イッテンヨンでしっかりぶつけ合っていきたい」と語った。

「第8回東京プリンセスカップ」準々決勝でも、瑞希が山下に勝利しており、ここ最近、瑞希に分が悪い山下は「自分にないスピード、瞬発力があって。昨日も感じたけど、自分の蹴りだったり、技を見破られてた部分があったので。そういうところが自分の弱さ。瞬間的に適応する能力が高い。イッテンヨンまで瑞希の試合を見て、しっかり対策していかなきゃいけない」と気を引き締めた。

 1月4日の後楽園大会は22年で7年目となり、そのメインでのタイトル戦は意義深いものがあるが、山下は「東京女子もどんどん仲間が増えてきて、歴史も長くなって。後楽園もやる回数が増えてきてますけど、そのなかでもイッテンヨンは特別。そういう場所で瑞希と闘えるのはうれしい。でもベルトは譲れないので。絶対にぶっ倒していきたい」と防衛を期した。

 瑞希は「“イッテンヨンで”って、言ってくれたとき、すごくうれしかった。(イッテンヨンは)みんながつくり上げてきてくれたもの。自分がそこで挑戦できるのはすごくうれしい」と途中涙で言葉が詰まりながらコメントした。

【大会名】東京女子プロレス ’22
【日時】2022年1月4日(火) 開場10:30 開始11:30
【会場】東京・後楽園ホール

プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合
<王者>山下実優 vs 瑞希<挑戦者>
※第9代王者の4度目の防衛戦

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事