【WWE】“ジャケット・タイム”KUSHIDA&イケメン二郎が因縁のクリード・ブラザーズを追い詰めるも惜敗


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ジャケット・タイムことKUSHIDA&イケメン二郎が205 Liveで対戦したダイヤモンド・マインのクリード・ブラザーズ(ジュリアス&ブルータス・クリード)を連携攻撃で追い詰めるも止めのイケメンスラッシュをかわされて無念の敗戦となった。

序盤、KUSHIDAがハンドスプリング・エルボーを2人に決めるとイケメン二郎と連携したダブルアームブリーカーやダブルパンチをクリード・ブラザーズに決めて攻め込んだ。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中盤にはイケメン二郎がクリード・ブラザーズに捕まってダメージを負ったが、なんとか交代したKUSHIDAがクロスボディやオーバーヘッドキック、マサヒロ・タナカと連続攻撃でクリード・ブラザーズを蹴散らすとイケメン二郎もミサイルキックやスワントーンボムで追い詰めたが、止めのイケメンスラッシュをかわされると最後はクリード・ブラザーズの連携スタンディング・ムーンサルトを決められて3カウントを奪取された。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事