【東京女子】IP王者・乃蒼ヒカリが2度目のハードコア戦で角田奈穂に流血勝利!「2人で東京女子のハードコア戦線を盛り上げたい」

 東京女子プロレスのスピンオフ興行「TJPW INSPIRATION」(第3弾)が12月10日、東京・新宿FACEで開催され、セミファイナルでは2度目のハードコアマッチに臨んだインターナショナル・プリンセス(IP)王者の乃蒼ヒカリが大流血しながらも、初体験の角田奈穗を退けた。

 かねて、ハードコア志向が強かった乃蒼は4月1日、東京・新木場1stRINGでの「TJPW INSPIRATION」第1弾でその道のエキスパートである山下りなと対戦し敗退。それ以来、8ヵ月ぶりのハードコア戦は同門の角田が相手となった。

 リング内外にはラダー、イス、サイリウムが張り付けられたボードが設置され、試合がスタート。両者が凶器アイテムを使って対抗し合うなか、10分過ぎ、角田が乃蒼の額を鉄柱にぶつけると大流血。

その後、両者はともにイスに座って強烈なエルボーの打ち合いに発展。15分過ぎ、角田はクロスアーム式DDTから必殺の紫電改を狙うも、回避した乃蒼は裏投げ。

さらに乃蒼はイス盛りの上にブリザード・スープレックス・ホールドを決めて3カウントを奪取。2戦目のハードコアマッチで初勝利を挙げた。

 乃蒼は「2人で東京女子のハードコア戦線を盛り上げたいというテーマで闘えた。角田奈穗と東京女子のハードコア路線で組みたいっていうのもあるし、もっと角田奈穂とハードコア、デスマッチがやりたいってのはあります。東京女子にハードコア、デスマッチの風が吹いてると思うので、どんどんベルトと一緒に盛り上げていきたい」と意欲。

 角田は「楽しかった。今回の一戦をその経験の過程にはしたくないし、思い出にもしたくない。今後やっていく上で、タッグでハードコアやるってなったら、お互いに違うパートナーを連れて対角にもいたいし、タッグパートナーとして、ハードコアをどんどんやっていけたらいい。ヒカリちゃんと同じ気持ちだったらうれしいです」と今後のハードコア挑戦にも前向きだった。

【大会名】TJPW INSPIRATION
【日時】2021年12月10日(金)
【会場】東京・新宿FACE
【観衆】202人

▼第一試合 15分一本勝負
●猫はるな vs 桐生真弥○
7分50秒 片エビ固め
※スパインバスター

▼第二試合 15分一本勝負
○トランザム★ヒロシ vs 原宿ぽむ● 
10分26秒 腕ひしぎ逆十字固め

▼セミファイナル ハードコアマッチ 時間無制限一本勝負
○乃蒼ヒカリ vs 角田奈穂●
17分14秒 ブリザード・スープレックス・ホールド・オン・ザ・チェア

▼メインイベント マジラビvsトロピカワイルド 20分一本勝負
坂崎ユカ&○瑞希 vs SAKI&水森由菜●
17分35秒 片エビ固め
※ダイビング・フットスタンプ

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事