【スターダム】林下詩美と朱里が共にワールド・オブ・スターダム&SWA二冠戦の勝利と2022年の主役宣言!「必ず決着をつけたいと思っています」

女子プロレス・スターダムは12日、東京・ベルサール高田馬場での大会終了後に会見・調印式を行い、12月29日両国国技館で開催する『STARDOM DREAM QUEENDOM 2021』の全対戦カードを発表した。

ワールド・オブ・スターダム選手権は、この日行われた大会のメインイベントで行われた前哨戦後に朱里がSWAのベルトもかけた2冠戦を提案し、林下詩美が了承したことによりワールド・オブ・スターダム選手権&SWA世界選手権試合 時間無制限1本勝負となった。

会見に登場し、調印書にサインをしたSWA王者・朱里は「スターダム年内最終戦にふさわしい試合をする。私は赤いベルト(ワールド・オブ・スターダム)を獲るために覚悟を持ってスターダムに入団しました。ここで獲らなければ私は今まで何をしていたのか、自分に怒りさえ感じます。今度こそ、今度こそ赤いベルトを掴み獲り、私自身、新たなステージに上ります。ゴッデス・オブ・スターダム、SWA、赤いベルト、3つのベルトを持ち、2022年朱世界の始まりにします」

一方の赤いベルトの王者・林下は「朱里とは何十分も戦ってきて、いまだ勝つことができてないです。ただ、私も負けてない。両国大会では私と朱里、最終戦だと思っています。必ず決着をつけたいと思っています。私はまだまだ赤いベルトをかけてやりたい相手もいますし、このベルトの最多(防衛)記録も塗り替えたいと思っています。林下詩美はまだまだ野望がつきないので、まだ朱里に勝てないなんて言ってられない。朱里につまづくのはここで終わりです。朱里から勝って赤いベルトを守り、SWAも私の腰に巻いて2022年もこのクールにロイヤル、美しい赤い女王、林下詩美が駆け抜けていきたいと思います」とそれぞれが二冠戦の勝利と2022年の主役宣言をした。

果たして年内最後のビッグマッチの最終戦でどのような戦いを見せるのか注目である。

『STARDOM DREAM QUEENDOM 2021』
日程:2021年12月29日(水)
FC有料会員ロビー開場3:30PM/開場4:00PM/開始5:00PM
会場:東京・両国国技館

【対戦カード】

◆ワールド・オブ・スターダム選手権&SWA世界選手権試合/時間無制限1本勝負
《ワールド王者》林下詩美(Queen’s Quest)
vs
《SWA王者》朱里(Donna del Mondo)
※林下詩美は10回目、朱里は9回目の防衛戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事