【SEAdLINNNG】5番勝負“第4戦”で対戦する尾崎魔弓に対し「海樹リコの怖さを思い知れ!!」<記者会見>「12.29後楽園~年内最終戦~」


SEAdLINNNGは23日、東京・台東区の株式会社リアルクロスにて記者会見を行った。

12.29開催の「SEAdLINNNG~2021年最終戦~」後楽園ホール大会のカードに関して高橋奈七永が同席のもと、海樹リコが会見に出席し「BEAST KID5番勝負第4戦」で対戦する事が決まった尾崎魔弓(OZアカデミー)に向け意気込みを語った。

SEAdLINNNG~2021年最終戦~
【開催日】 2021年12月29日(水)
【開始時間】18時45分
【会場】東京・後楽園ホール

▼シングルマッチ 〜海樹リコBEAST KID5番勝負第4戦〜20分1本勝負
尾崎魔弓(OZアカデミー)  vs 海樹リコ

海樹:10月の13日から始まった5番勝負も4戦目。4戦目の相手、尾崎魔弓選手。奈七永さんがなぜ選んだのかわからないけど、35周年と聞きました。自分は20歳になったばかりで若さも何も負けてない。動きで見せていきたい。5番勝負、負けて当たり前と思われたくないし、尾崎魔弓選手に勝ちに行く。

――なぜ対戦相手に尾崎魔弓選手を選んだのか?

奈七永:この機会でないと対戦できないカテゴリーと考えた時に大ベテランと当たる機会もなかなかないし、ラスエゴというよくわからないユニットに所属しているので、尾崎魔弓という振り切ってヒールにいる力を対戦して、感じて欲しい。海樹リコの今後に活かすとともにクネクネしているヒールだかどうだかわからないラスエゴに風を吹かせて欲しい、という思いもあります。

海樹:こんなに深い意味があるなんて…知りませんでした。

奈七永:考えろよ。

海樹:1度目もチェーンとか使われて…今回は使う余裕もないくらいにしてやりますよ。それよりも…(奈七永の方を振り向き)クネクネとかいうなよ!クネクネとかしてないから。

奈七永:してるよ。リコはしてないかもしれないけど、朱崇花とか真琴と…目障りなんですよ。

海樹:いいたいことがあるんでいいですか?奈七永!自分を倒さずにSEAdLINNNGを退団できると思いますか?

奈七永:カードはもうタイトルマッチで決まっているから…

海樹:なぜ私と戦わずに退団できると思ったんですか?私を倒さずに退団とかありえない。

奈七永:練習でもやってるし勝つってわかってるから。

海樹:それがわからないのがプロレスじゃないですか?奈七永さんは何年やってるんですか?奈々枝さん、全然目を見てくれない。

奈七永:大丈夫。私はタッグのタイトルに100%つぎ込まないと。そこに全部の力を注ぎこむのが高橋奈七永のパッションだと思っているから。

海樹:それはそうですよ。奈七永さんといえば

奈七永:とりあえず、その思いを尾崎魔弓選手にぶつけろ!

海樹:尾崎魔弓!海樹リコの怖さを思い知れ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事