【DDT】3ヵ月ぶり復帰戦の坂口征夫は鈴木みのるの前に玉砕!「やり足りねぇよ。あのクソじじい。勝つまでやってやる」

 DDTプロレスが12月26日、今年最後のビッグマッチ「NEVER MIND 2021 in Yoyogi」を初進出の東京・国立代々木競技場第二体育館で開催。第4試合では、腰の椎間板ヘルニアのため9月から欠場していた坂口征夫が3ヵ月ぶりの復帰戦を行ったが、鈴木軍の“ボス”鈴木みのるの前に玉砕した。

 5年前、東京・両国国技館で鈴木との一騎打ちで敗れている坂口は樋口和貞、赤井沙希のイラプションで出陣。鈴木は伊藤リスペクト軍団の伊藤麻希(東京女子プロレス)、クリス・ブルックスと異色トリオを結成して激突した。

 坂口と鈴木は関節技の応酬から壮絶な打撃戦に発展。ほかの選手が割って入っても、2人は過剰に意識してやり合った。

 15分過ぎ、坂口がPK連打で攻め込むも鈴木は耐えた。

 鈴木は蹴り技で反撃し、エルボーの打ち合いになると、坂口が神の右ヒザを決めるも鈴木はフォールを許さず。坂口をスリーパーで捕獲した鈴木はゴッチ式パイルドライバーをさく裂させて3カウントを奪取した。

 坂口は「9・21札幌から地獄のような3ヵ月だった。1分も歩けない。またリングに立てるのかなと思うときもあったくらい。でも覚悟と努力と、周りの2人がいたから戻って来れた。対角に鈴木みのる。うちの会社も相変わらず狂ってるなと思ったけど。復帰戦でこれだけやりがいのある相手を見つけてきてくれるってことは、俺もまだまだ死ねねぇと思って挑んだ。うちら勢力拡大も考えつつ、サウナ、ダムネ、バーニング、フェロモンズ、ディザスター? 関係ねぇよ。俺が帰ってきた。DDTを取ってやる。覚えとけ」とイラプションとしての巻き返しを宣言。鈴木に対して、坂口は「やり足りねぇよ。あのクソじじい。いつでもやってやるよ。俺は逃げも隠れもしねぇよ。しつこいから。勝つまでやってやる」と話した。

 一方、鈴木が「勝ったのは俺のおかげだろ。最後俺だけじゃねぇか、出てるの。オマエらやられてばっかじゃねぇかよ」と言うと、伊藤が「頑張りを認めて。一生懸命頑張ったから」と発言。すると、鈴木は「一生懸命頑張ったかどうかを認めるには、あと1万円、パイルドライバーで買い物しろ。そしたらいいよ。(この前の)1万円は最初の手付金だ」ととんでもないことを言い出した。

 伊藤が「伊藤リスペクト軍団が勝ちました。また、このチームで組むことがあれば頑張ります」と話すと、鈴木は「鈴木軍、イチバーン!」と、伊藤は「伊藤リスペクト軍団が一番だ!」と言い返し、結局、仲良くなったのかどうか最後まで分からずじまいだった。

【大会名】NEVER MIND 2021 in Yoyogi
【日時】2021年12月26日(日)
【会場】東京・国立代々木競技場 第二体育館
【観衆】1134人(満員)

▼第一ダークマッチ 15分一本勝負
大鷲透&○納谷幸男 vs アントーニオ本多&岡谷英樹●
6分17秒 体固め
※バックドロップ

▼第二ダークマッチ DDTeeeen!!スペシャルシングルマッチ 15分一本勝負
●イルシオン vs ヴァンヴェール・ジャック○
9分8秒 エビ固め
※トラロック

▼第三ダークマッチ ハードコアマッチ 15分一本勝負
○高木三四郎 vs 魔苦・怒鳴門●
7分54秒 体固め
※健太ッキーボム

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
高尾蒼馬&○翔太 vs 彰人&石田有輝●
8分35秒 片エビ固め
※フロッグスプラッシュ

▼第二試合 KO-D6人タッグ選手権試合~ノータッチルール 60分一本勝負
<王者組>男色“ダンディ”ディーノ&○飯野“セクシー”雄貴&今成”ファンタスティック”夢人 vs 青木真也&堀田祐美子&スーパー・ササダンゴ・マシン●<挑戦者組>
9分57秒 フェロトッツォ
※第44代王者組2度目の防衛戦。

▼第三試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○近藤修司 vs 平田一喜●
9分40秒 片エビ固め
※キングコング・ラリアット

▼第四試合 スペシャル6人タッグマッチ~坂口征夫復帰戦 30分一本勝負
●坂口征夫&樋口和貞&赤井沙希 vs 鈴木みのる○&クリス・ブルックス&伊藤麻希
20分38秒 体固め
※ゴッチ式パイルドライバー

▼第五試合 BURNINGvsThe37KAMIINA! 30分一本勝負
○遠藤哲哉&秋山準&岡田佑介&高鹿佑也 vs 勝俣瞬馬&上野勇希&MAO&小嶋斗偉●
16分30秒 片エビ固め
※シューティングスター・プレス

▼第六試合 BLACKOUT presents DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○佐々木大輔 vs 高梨将弘●<挑戦者>
17分48秒 足極めクロス・フェースロック
※第5代王者が3度目の防衛に成功。

▼セミファイナル WRESTLE UNIVERSE presents KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>HARASHIMA&○吉村直巳 vs 火野裕士&ボディガー●<挑戦者組>
18分17秒 片エビ固め
※ラリアット。第71代王者組が初防衛に成功。

▼メインイベント ヤネカベ presents KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○竹下幸之介 vs 岡林裕二●<挑戦者>
37分17秒 Plus Ultra
※第77代王者が2度目の防衛に成功。

<写真提供:DDTプロレスリング>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事