【ノア】ぺロスに”新メンバー”スペル・クレイジーが加入!NOSAWA論外「スペル・クレイジーとペロス・デル・マール・デ・ハポンは1年間の契約を結んだ」

プロレスリング・ノアは5日、東京・後楽園ホールにて『REBOOT 2022』2連戦の2日目を開催し、今大会は毎年恒例となった”入場曲で対戦カード発表”のサプライズ興行で行われた。

第6試合で行われた8人タッグマッチはSTINGERとPERROS DEL MAL DE JAPON(ペロス・デル・マール・デ・ハポン)の対決となったが、STINGERは4人で入場すると、ぺロスはNOSAWA論外、Eita、YO-HEYの3人で登場。

マイクを持ったNOSAWAは「人数おかしくない?」といいつつも「俺たちの新しいメンバーを連れてきた」と呼び込むとそこに登場したのはかつてノアに参戦していたスペル・クレイジーであった。名前がコールされるとぺロスのメンバーとハイタッチを交わした。

試合はクレイジーが進をムーンサルトプレスで3カウントを奪って勝利。GHCタッグ王者の小川とHAYATAとにらみ合う場面もあった。

バックステージにてぺロスのNOSAWAは「ノアの後楽園サプライズ3年目だよな。一昨年がディック東郷、去年が日高郁人。そして今年は本家本元のPERROS DEL MALから」とクレイジーを紹介。続けて「スペル・クレイジーとPERROS DEL MAL DE JAPONは1年間の契約を結んだ。これから1年間ノアマットにフル参戦だからよ」そして「契約だぞ契約、日本国内ノアしか出ない。ぺロスとしてしか試合をしない。そこんとこちゃんと書いとけ。パートタイマーじぇねえぞ、独占契約だ」とノアマットに本格参戦を発表した。

クレイジーが加入し、メンバーが増えたぺロスの勢いが2022年さらに加速しそうである。

第6試合 8人タッグマッチ45分1本勝負
NOSAWA論外&Eita&YO-HEY&○スペル・クレイジー
vs
HAYATA&小川良成&吉岡世起&×進祐哉
7分19秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め

参考:【ノア】清宮が田中から勝利で「俺の人生懸けて2022年は俺がもっていきます」!潮崎と藤田が視殺戦ふたたび!拳王に船木が挑戦表明!ぺロスに新メンバー加入!ウルティモ&ドラゴン・キッドがサプライズ登場!1・5後楽園『REBOOT 2022』<全試合結果>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事