【WWE】里村明衣子が5度目の王座防衛もブレア・ダベンポートの襲撃に「リスペクトがない。私が教えてあげますよ」

“ファイナルボス”こと里村明衣子が“トップ・ガイジン”ブレア・ダベンポートを撃破して5度目のNXT UK女子王座防衛に成功も、試合後にブレアの襲撃を受けて「リスペクトがない。私が教えてあげますよ」と忠告した。

©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

序盤、里村はアーム・バーやアッパーカットを繰り出して試合のペースを掴んだが、ブレアのカウンター・ハイキックを顔面にもらうと場外DDTやドロップキックを食らった。

©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに里村がスピニング・ヒールキック、スープレックス、DDTを放てば、ブレアにランニング・ニーやダブル・ストンプで反撃されて白熱の攻防を展開。

©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤には里村が渾身のデスバレーボム2連打からスコーピオライジングを狙ったが、これをブレアに跳ね飛ばされると最後はブレアの丸め込みを反転させて王座防衛に成功した。

©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後、里村が王座ベルトを掲げて5度目の防衛を誇っていると背後からブレアにヒザ蹴り3連打で襲撃されてしまう。

©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

その後、里村は「(ブレアは)すばらしいんじゃないですか。ただね、リスペクトがないのよ。私が教えてあげますよ。ブレア、お前は私に敵わない」と忠告した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事