【新日本vsノア】武藤が泣きじゃくる清宮に対し「よくやったよ、オマエ。頑張った!」

新日本プロレスは8日、プロレスリング・ノアとの対抗戦『WRESTLE KINGDOM 16 in 横浜アリーナ』を開催。

ダブルメインイベントⅡでは新日本のIWGP世界ヘビーとUS王者タッグのオカダ・カズチカ&棚橋弘至とノアの武藤敬司&清宮海斗が対決。

両チーム団体を背負った意地の攻防を繰り広げるも、最終的にはオカダ&棚橋の猛攻の前に清宮がレインメーカーで3カウントを奪われた。

試合後も悔し涙を見せる清宮に武藤が肩を貸しバックステージで「よくやった。よくやったよ、オマエ。頑張った!」とエールを送った。

泣きじゃくる清宮が控室に入った後、武藤は新日本プロレス50周年に触れ「まぁ俺の新日本プロレスっていうのはアントニオ猪木だけど、猪木さんの教えは『常識なんてクソ食らえ』ってことでね、ぶち壊せっていう風に教わってるからね、俺もまだまだ清宮に負けてらんないよ。俺は涙なんか涸れて出てこねぇよ、クソッ。以上!」とコメントを残した。

今後も新日本プロレスvsプロレスリング・ノアの対抗戦が継続するか!?

今大会はコロナ禍にも関わらずチケット完売と言う昨今のプロレス界に復活の兆しを見せる大会として大成功に終わった。

改めて両団体の今後の進展を期待したい。

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事