【2AW】菊池伴実レフェリーが新型コロナウイルス陰性判定、旭志織の健康観察期間終了を発表

2AWは所属選手の新型コロナウイルスに関する情報を発表した。

以下、リリース情報より。

【菊池伴実 新型コロナウイルス陰性判定及び旭志織 健康観察期間終了のお知らせ】

弊社所属レフェリー菊池伴実は社外からの濃厚接触者判定により、1月17日にPCR検査を受け、19日陰性と判定されました。

また、弊社所属選手 旭志織は1月19日をもって、健康観察期間が終了しましたことをご報告致します。

なお旭志織、菊池伴実は大事をとり1月23日(日)GRAND SLAM in 2AWスクエアを欠場致します。

今後も管轄の保健所のご指導の元、必要な措置を進めてまいります。

ファンの皆様並びに関係者の皆様には、大変ご心配とご迷惑をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます。

お客様には、引き続き感染予防の取り組みに何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事