【新日本】棚橋「SANADAが他の歴代IWGP王者に肩を並べるためには」

21日開催の新日本プロレス東京・後楽園ホール大会のメインに登場したSANADAは内藤哲也&鷹木信悟と組み、オカダ・カズチカ&棚橋弘至&真壁刀義と6人タッグで対戦。

2.19札幌のIWGP USヘビー級王座戦(王者・棚橋vs挑戦者・SANADA)の前哨戦として、試合には敗れてしまった棚橋は試合後バックステージで「SANADAが他の歴代IWGP王者に肩を並べるためには最後のワンピース。USヘビーとかけましてSANADAと解きます。その心は……(立ち上がって)あと1カ月あるから見つけてこいよ」とメッセージを投げかけた。

▼第6試合 30分1本勝負
真壁 刀義 ×
棚橋 弘至
オカダ・カズチカ
vs
鷹木 信悟
SANADA 〇
内藤 哲也
18分44秒  Skull End

観衆:448人

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事