【DDT】藤田ミノルが1・30後楽園でのUNIVERSAL王座獲りを宣言!最後の前哨戦で王者・佐々木大輔から直接勝利

 DDTプロレスが1月22日、神奈川・横浜ラジアントホールで「Sweet Dreams!2022 TOUR in YOKOHAMA」開催。同30日、東京・後楽園ホールで佐々木大輔が保持するDDT UNIVERSAL王座に挑戦する藤田ミノルがベルト獲りを口にした。

 タイトル戦を前に、最後の前哨戦となった横浜大会で、佐々木はMJポーとのタッグで、藤田、ヤス・ウラノ組と対戦。

 序盤は佐々木と藤田がグラウンドでの攻防を繰り広げ、場外戦になると藤田が鉄柱に佐々木の額をたたきつけるなど、藤田組のペースで進んだ。その後、藤田がアンクルホールドで絞り上げると、佐々木はペディグリー、クロス・フェースロックで応戦するも、なかなか主導権が握れず。

 藤田のスピアが誤ってレフェリーにヒットすると、藤田は佐々木のお株を奪うかのように、佐々木、ポーに相次いで急所蹴り。

 藤田は雪崩式ブレーンバスター、スピア、変型ツームストーン・パイルドライバーとたたみかけて佐々木から3カウントを奪取。これで藤田は同7日、東京・新宿FACE大会に続き、前哨戦で2連勝を飾った。

 マイクを持った藤田は「去年(7月の)ダムネーション興行で、俺は佐々木に勝ちました。1月7日、MJポーから3カウントを奪いました。そして今日、佐々木からもう1回3カウントを奪いました。30日は勝ってるところからスタートなんです。後楽園の大きな舞台で、ど腐れインディーを主戦場とする、このベテランで心肺機能の悪い私が、DDTという素晴らしい団体でUNIVERSALのベルトを必ず獲ります」と王座奪取を宣言。

 バックステージで藤田は「今日の勝利で確変にまた入ったので。あとは後楽園で次の当たりを待つだけ。30日勝って、ベルトをもう1個増やすだけ」と自信満々に語った。

 藤田相手に、まるで勝てない佐々木は「オマエのすべてを見切ったぞ。俺はすべてを懸けて藤田ミノルに勝つ。ぶっ潰してやるよ」と吐き捨てた。

【大会名】Sweet Dreams!2022 TOUR in YOKOHAMA
【日時】2022年1月22日(土)
【会場】神奈川・横浜ラジアントホール
【観衆】150人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 4WAYマッチ~時間差入場形式 30分一本勝負
大鷲透 vs ○火野裕士 vs 吉村直巳 vs 平田一喜●
10分40秒 体固め
※ラリアット

▼第二試合 30分一本勝負
男色“ダンディ”ディーノ&×飯野“セクシー”雄貴 vs HARASHIMA×&彰人
11分23秒 無効試合
※フェロモンズの暴走

▼第三試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
クリス・ブルックス&○赤井沙希 vs 高尾蒼馬&雪妃真矢●
10分12秒 片エビ固め
※新人賞

▼第四試合 30分一本勝負
秋山準&○アントーニオ本多 vs 納谷幸男&石田有輝●
11分30秒 片エビ固め
※ダイビング・フィストドロップ

▼第五試合 The37KAMIINAvsEruption! 30分一本勝負
上野勇希&○勝俣瞬馬&MAO vs 坂口征夫&樋口和貞&岡谷英樹●
13分52秒 エビ固め
※俺たちのMADMAX

▼セミファイナル The37KAMIINAvsBURNING! 30分一本勝負
竹下幸之介&●小嶋斗偉 vs 遠藤哲哉&高鹿佑也○
17分55秒 TKO勝ち
※チキンウイング・アームロック→レフェリーストップ

▼メインイベント DAMNATION T.Avs藤田プロレススクール! 30分一本勝負
●佐々木大輔&MJポー vs 藤田ミノル○&ヤス・ウラノ
21分52秒 片エビ固め
※変形ツームストーン・パイルドライバー

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事