【OSW】『Trevian Night 7』OSW認定覆面世界一選手権は王者・アンドロスがジョッカー1号の挑戦を退けV2を達成!

OSWは2月5日(土)、東京・新木場1stRINGにて『Trevian Night 7』を開催。

以下、試合結果を掲載。

2022年2月5日(土)<12時試合開始>

『Trevian Night 7』新木場1stRING (観衆60人)

▼第1試合BERSERKER シングルマッチ 15分1本勝負
〇木下亨平(ダブプロレス) (9分36秒 回転足折り固め) 鈴木心(OSW)×

▼第2試合BERSERKER シングルマッチ 20分1本勝負
〇TAMURA(HEAT-UP)(9分55秒 エビ固め)織部克巳(フリー)×
※乱入したゆめまるくんも一緒に丸め込む。

▼第3試合シングルマッチ 30分1本勝負
〇がばいじいちゃん(九州プロレス)(10分25秒 体固め)水天狗マスク(OSW)×
※がばいトーンボム

▼第4試合 OSW認定覆面世界一選手権試合 時間無制限1本勝負
〇<第6代王者>宇宙銀河戦士アンドロス(17分16秒 体固め)ジョッカー1号(OSW)×
※太陽系。第6代王者が2度目の防衛に成功。

▼第5試合 時間無制限1本勝負
〇くいしんぼう仮面&〇菅沼修(15分19秒 横入式エビ固め)歌のお兄さん(OSW)×&ゆめまるくん(フリー)×
※くいしんぼうが歌おにを、菅沼がゆめまるを同時にスクールボーイで丸め込む。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事