【東京女子】OGのまなせゆうながガンプロの一員として3・19両国に参戦表明!「私と熱い熱い熱い試合をしたい選手は名乗りを挙げろ!」

 東京女子プロレスが2月11日、東京・後楽園ホールで「Positive Chain ’22」を開催。オープニングで同団体OGのまなせゆうなが登場し、3月19日、東京・両国国技館への参戦を表明。ガンバレ☆プロレスの一員として古巣に宣戦布告した。

 まなせは20年7月で東京女子へのレギュラー参戦を終了。その後、ガンプロの所属となり、ガンジョをけん引している。

 リングに上がったまなせは「今、私は日々心を燃やし、熱い熱い試合を日々繰り返している! どういう意図で、私を呼んだか知らないが、両国国技館大会に華を添えるつもりはさらさらねぇ! 私は今回、東京女子のOGではなく、今の熱い熱い熱いガンプロのまなせゆうなでリングに上がることを言いに来た! 私と熱い熱い熱い試合をしたい東京女子の選手は名乗りを挙げろ! 私から指名をすることは簡単だがそれはしない。まなせゆうなに指名されたからではなく、会社に言われたからでもなく、自分の意志で、私と熱い試合をしようというヤツは、後ででもいいなんでもいい。名乗りを挙げろ! 年齢もキャリアも関係ない。一人じゃなくてもいい、何人でもいい! ガンジョの仲間を連れてくる。この日、一番熱い試合をするのは、東京女子OGのまなせゆうなではなく、ガンプロのまなせゆうなじゃ!」と宣言。

 バックステージでまなせは「私は東京女子で過ごした4年間を誇りだと思ってる。そのうえで、ガンプロのまなせゆうなで上がることが大事だと思ってる。現状打破するには待ってるだけじゃダメなの。ダメだから私を使えばいい。私は全然飲まれる気はしない。今この世で一番熱いプロレスはガンバレ☆プロレスだと思ってる。熱さでは誰にも負けないから。待ってる」とコメント。

 このアピールに対し、元アクトレスガールズの角田奈穂が「ゆうなさんとは、元々私がプロレスデビューする前から、お世話になってる先輩だし。アクトレスガールズの1期生として、一緒にやってきた仲間でもあり大好きな先輩。東京女子に来てからは入れ違いだったので、一緒にリングに立つことはなかったんですけど、今日あの言葉を聞いて、ガンバレ☆プロレスのまなせゆうなとして来るのであれば、私は東京女子の角田奈穂として、ゆうなさんの対角に名乗りを上げたいなと思います」と名乗りを挙げた。

 また、3・19両国での乃蒼ヒカリVS志田光(AEW)のシングル戦が決定。同大会にラム会長の参戦も決まった。

【大会名】Positive Chain ’22
【日時】2022年2月11日(金・祝)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】536人

▼オープニングマッチ 15分一本勝負
○宮本もか vs 遠藤有栖●
6分2秒 羅生門

▼第二試合 20分一本勝負
○ハイパーミサヲ&桐生真弥&ラム会長 vs 朱崇花&猫はるか&鳥喰かや●
10分36秒 片エビ固め
※ハイパミ・リターンズ

▼第三試合 15分一本勝負
●鈴芽 vs 荒井優希○
11分14秒 片エビ固め
※Finally

▼第四試合 20分一本勝負
沙希様&○メイ・サン=ミッシェル vs らく&原宿ぽむ●
11分54秒 ラ・レボルシオン

▼第五試合 20分一本勝負
山下実優&角田奈穂&●小橋マリカ vs 中島翔子&坂崎ユカ○&瑞希
14分8秒 片エビ固め
※マジカルメリーゴーランド

▼セミファイナル インターナショナル・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○伊藤麻希 vs 上福ゆき●<挑戦者>
11分37秒 伊藤デラックス
※第7代王者が初防衛戦に成功。

▼メインイベント 第2回“ふたりはプリンセス”Max Heartトーナメント決勝戦
○辰巳リカ&渡辺未詩 vs 天満のどか●&愛野ユキ
20分30秒 片エビ固め
※ミサイルヒップ。白昼夢が第2回“ふたりはプリンセス”Max Heartトーナメント優勝。

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事