【DDT】3・20両国での佐々木対MAO対葛西のハードコア3WAYによるUNIVERSAL王座戦が決定!カリスマ「3WAYは俺が最も得意とするところだ。アイツらには勝ち目はない」

 DDTプロレスが2月14日、東京・新宿FACEで「DDT FREE -February- Ultimate Tag League 2022 in SHINJUKU!!」を開催。3月20日の東京・両国国技館で、王者の“カリスマ”佐々木大輔にMAO、葛西純が挑戦するハードコア3WAYマッチによるDDT UNIVERSAL選手権が決定した。

 この日の第3試合で佐々木、藤田ミノル、MJポー組が彰人、MAO、石田有輝組と対戦。試合はポーが石田をデスバレーボムで仕留めてダムネーションT.Aが勝利。

 MAOは2月5日、小山大会でのタッグリーグBブロック公式戦で佐々木からフォールを奪い、同王座への挑戦をアピールしていたが、この日の試合後、佐々木があっさりMAOのチャレンジを受諾。今林久弥GMは決戦の場を3・20両国に指定した。

 ところが、これでは終わらなかった。第4試合(HARASHIMA、吉村直巳、高尾蒼馬組VS葛西、火野裕士、坂口征夫組)で、高尾を垂直落下式リバース・タイガードライバーで葬った葛西が試合後、佐々木を呼び出して、「5年前、さいたまスーパーアリーナでオマエに恥かかされた。いいもん持ってるじゃないか。オマエのものは俺の物。俺っちの物は俺っちの物。そのベルト、もうすでに葛西純のもんだ。挑戦させろ」とアピール。

 佐々木は「5年前のさいたまSAで俺が勝った試合。あのときの葛西純っていう刺激的なドラッグを思い出したよ。1回勝っただけで満足するつもりはねぇ。アンタの挑戦受けてやる」とこれまた受諾。

 MAOが入って、「こうなったら2人まとめてやってやる」と言うと、佐々木は「分かった。2人まとめてやってやる」と応じた。さらにMAOは「この3人が揃ったら、みんなが見たいのはハードコアマッチじゃないですか」と提案し、ハードコア3WAYマッチによるタイトル戦が決まった。

 バックステージで佐々木は「5年前のあの刺激的なドラッグを忘れちゃいねぇ。もう一人いるだろ。アイツには興味ない。俺の標的は葛西純、オマエ一人だ。こっちには葛西純をよく知るスパイ(藤田)がいるからよ。オマエに勝ち目はないぞ。葛西純がいるなら、ハードコアの方が気持ちよくなれるだろ。3WAYは俺が最も得意とするところだ。アイツらには勝ち目はない」と自信を見せた。

 葛西は「借りのある佐々木大輔と1対1でやりたかったけど、なんだアイツ、MAO。空気読まなすぎだろ。でも、ある意味刺激的だ。舞台は両国、ハードコア。久しぶりにDDTマットで暴れるにふさわしいシチュエーションだ。佐々木大輔、首洗って待ってろ」と不敵に語った。

 MAOは「夢は口に出すことから始まります。僕はずっとUNIVERSAL選手権の次期挑戦者だと思って生きてきました。そしたら、本当に次期挑戦者になりました。次は次期チャンピオンだと思って生きていきたい。両国勝って、チャンピオンになって、カリスマになるのはこのMAO」と意気込んだ。

【大会名】DDT FREE -February- Ultimate Tag League 2022 in SHINJUKU!!
【日時】2022年2月14日(月)
【会場】東京・新宿FACE
【観衆】233人(超満員札止め)

▼ダークマッチ 15分一本勝負
○岡田佑介 vs 高鹿佑也●
8分27秒 体固め
※サドンデス

▼オープニングマッチ アイアンマンヘビーメタル級選手権5WAYマッチ~2分防衛しないと帰れませんルール 時間無制限勝負

【試合経過】
①<王者>●大鷲透 vs アントーニオ本多○<挑戦者>
1分12秒 横入り式エビ固め
※大鷲が防衛に失敗、アントンが第1531代王者となる。
②<王者>●アントーニオ本多 vs 男色“ダンディ”ディーノ○<挑戦者>
1分19秒 横入り式エビ固め
※アントンが防衛に失敗、ディーノが第1532代王者となる。
③<王者>●男色“ダンディ”ディーノ vs 高梨将弘○<挑戦者>
1分27秒 横入り式エビ固め
※ディーノが防衛に失敗、高梨が第1533代王者となる。
④<王者>●高梨将弘 vs 大鷲透○<挑戦者>
1分43秒 横入り式エビ固め
※高梨が防衛に失敗、大鷲が第1534代王者となる。
⑤<王者>●大鷲透 vs アントーニオ本多○<挑戦者>
1分50秒 横入り式エビ固め
※大鷲が防衛に失敗、アントンが第1535代王者となる。
⑥<王者>●アントーニオ本多 vs 男色“ダンディ”ディーノ○<挑戦者>
1分56秒 横入り式エビ固め
※アントンが防衛に失敗、ディーノが第1536代王者となる。
⑦<王者>●男色“ダンディ”ディーノ vs 高梨将弘○<挑戦者>
2分3秒 横入り式エビ固め
※ディーノが防衛に失敗、高梨が第1537代王者となる。
⑧<王者>●高梨将弘 vs 足つぼマット○<挑戦者>
2分50秒 体固め
※高梨が防衛に失敗、足つぼマットが第1538代王者となる。
⑨<王者>●足つぼマット vs アントーニオ本多○<挑戦者>
3分52秒 体固め
※足つぼマットが防衛に失敗、アントンが第1539代王者となる。
⑩<王者>●アントーニオ本多 vs 大鷲透○<挑戦者>
4分33秒 首4の字固め
※アントンが防衛に失敗、大鷲が第1540代王者となる。
⑪<王者>●大鷲透 vs 高梨将弘○<挑戦者>
4分42秒 首4の字固め
※大鷲が防衛に失敗、高梨が第1541代王者となる。
⑫<王者>●高梨将弘 vs 勝俣瞬馬○<挑戦者>
5分3秒 首4の字固め
※高梨が防衛に失敗、勝俣が第1542代王者となる。
⑬<王者>●勝俣瞬馬 vs 男色“ダンディ”ディーノ○<挑戦者>
5分11秒 首4の字固め
※勝俣が防衛に失敗、ディーノが第1543代王者となる。
⑭<王者>●男色“ダンディ”ディーノ vs アントーニオ本多○<挑戦者>
5分28秒 横入り式エビ固め
※ディーノが防衛に失敗、アントンが第1544代王者となる。
⑮7分28秒、アントーニオ本多が2分間の防衛に成功し勝利。

▼第二試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
赤井沙希&●小嶋斗偉 vs 雪妃真矢&納谷幸男○
7分10秒 体固め
※バックドロップ

▼アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<王者>●アントーニオ本多 vs リンリン○<挑戦者>
19時26分 握手
※アントンが防衛に失敗、リンリンが第1545代王者となる。

▼第三試合 30分一本勝負
佐々木大輔&藤田ミノル&○MJポー vs 彰人&MAO&石田有輝●
10分1秒 体固め
※デスバレーボム

▼第四試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
HARASHIMA&吉村直巳&●高尾蒼馬 vs 葛西純○&火野裕士&坂口征夫
10分4秒 体固め
※垂直落下式リバース・タイガードライバー

▼第五試合 DDT EXTREME選手権試合~トルコレスリングルール 60分一本勝負
<王者>●青木真也 vs 飯野“セクシー”雄貴○<挑戦者>
7分58秒 リングアウト勝ち
※青木が5度目の防衛に失敗、飯野が第53代王者となる。

▼セミファイナル Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
遠藤哲哉&○秋山準<3勝=6点> vs 近藤修司&平田一喜●<3敗=0点>
12分10秒 体固め
※エクスプロイダー

▼メインイベント Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
竹下幸之介&●上野勇希<2勝1敗=4点> vs 樋口和貞○&岡谷英樹<1勝1敗=0点>
19分51秒 体固め
※ブレーンクロー・スラム

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事