【新日本】NEVER王座戦は石井とのリマッチをEVILが制す「NEVERとIWGPの3冠王になってやるからな、よく覚えとけ!」

新日本プロレスは2月13日(日)、大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)大会にて『新春黄金シリーズ』を開催。

『新春黄金シリーズ』
日時:2022年2月13日(日) 15:30開場 17:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:2,625人

セミで行われたNEVER無差別級選手権試合は前王者の石井と現王者のEVILがランバージャックデスマッチで対戦。

試合は終始ラフな展開となりH.o.Tは試合途中に介入、しかしCHAOS勢も駆けつけ石井が反撃へ。

攻守が目まぐるしく入れ替わる展開となったが最後は現王者がEVILを炸裂し試合を決めた。

▼第7試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合 ランバージャックデスマッチ
<第35代チャンピオン>
“キング・オブ・ダークネス”EVIL 〇
vs
<チャレンジャー>
石井 智宏 ×
20分35秒  EVIL→片エビ固め

※EVILが初防衛に成功

▼試合後バックステージコメント

EVIL「いいか、石井!貴様の負けだオイ!いいか?オイ!この俺がよぉ、NEVERの伸びしろだって言っただろ?コノヤロー!どうあがこうと、テメーの方が、俺より弱えぇんだコノヤロー! そしてよぉ、次、札幌でこのベルト(※と、テーブルに置いていたNEVER6人タッグのベルトを叩く)を防衛して、裕二郎とIWGPのタッグを獲って、NEVERとIWGPの3冠王になってやるからな、よく覚えとけ!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事