山下りな、雪妃真矢、高瀬みゆき、夏すみれがフリーランスサミット『NOMADS’』を5・20新宿FACEで開催!「どんな化学反応が起こるのか楽しみにして頂ければ」

フリーランスで活躍する山下りな、雪妃真矢、高瀬みゆき、夏すみれが25日、東京台東区にある株式会社リアルクロスにて記者会見を行い、フリーランスサミット『NOMADS’』(ノマズ)を5月20日新宿FACEで開催することを発表した。

冒頭、夏すみれが「私は現在欠場中の身ではございますが、 この度、この場に集まってくれた3選手と共に興行を開催する運びとなりましたので、ご報告のため、この場を設けさせて頂きました。5月20日(金)新宿FACEにて夜19:00から、フリーランスサミット『NOMADS’』を開催させて頂きます」と挨拶。

今大会では実行委員会方式を採用して、会見に出席した4人で大会の運営をするとの事。

そして、各選手より大会について説明。

雪妃が大会概要
「2022年に多くの選手がフリーランスとして活動を開始したこともありこの度、フリーランスの、フリーランスによる、フリーランスの為の大会を開催する運びとなりました。各団体様に参戦させていただく際には、団体所属選手を軸に関係性ですとか物語がうまれて濃くなる様に、フリーランス選手も、一堂に会(かい)せば戦いの中で新たな関係性や物語がうまれるはずですし、家を持たない同志として、野心を秘めたライバルとして、交流の場になれば大きな意義がある様に感じます。とは言いいましても正直に申しまして、初めてのことで、開催してみなければわからないことばかりです。出身の団体も主戦場も目的も多様なフリーランス選手が集まった時に、その間にどんな化学反応が起こるのか、ご来場下さる皆様も一緒に楽しみにして頂ければ幸いに思います」

高瀬が大会のロゴとコンセプトについて
「いろんなところから選手が繋がって全部Aに集まっている形の化学構造式がモチーフになって作られております。フリーランスの選手、たくさん各団体で活躍していると思います。どの選手も個性がすごく豊かで居なくてはならない選手たちばかりです。みんな野望を持って家を飛び出したり。または家がなくなった者たちがたくさんいます。そんな個性あふれる選手たちは、野晒しのその身ひとつで今の難しい世の中を一生懸命、闘って生きて居ます。そんな選手たちが切磋琢磨するような興行、そしてその人たちが紡ぐストーリーがあってもすごく面白いんじゃないかと私たちは思っています。そんな選手が集まった時に生まれる化学反応を見たいし、その可能性にかけてみたいという思いを込めてこのロゴを作りました。ちなみにこれにはもう一つ意味がありまして、縦のつながりではなく横の繋がり。選手が横で繋がって手を取り合って輪を作って、さらにどんどん可能性を広げていく、それがこれからの時代だと私たちは思っています。そういう意味も込められています」

山下がチケット情報
「大会チケットの発売は3月4日(金)19時から水道橋のプロレスショップ・チャンピオンさんにてチケット即売会を行い、このイベントをもって発売開始となります。即売会には我々4人の運営陣が全員集まり、ファンの皆様をお迎え致します。チケットの他、即売会限定販売となる運営陣4人のサイン入りポスターや個人グッズ等も販売しますので、ぜひご来場いただけたらと思います。また、今大会は限られた人員で運営を行なっておりますので、チケットトラブル等を避けるためにも各選手へのチケット取り置き予約はお受け付けておりません。ご了承ください。4日の即売会への参加が難しいお客様は、3月4日以降の運営陣それぞれの選手売店や、プロレスショップ・チャンピオンさんにてお買い求めください。プレイガイドに関しまして現在調整中であります。こちらも決定次第、随時お知らせ致します。遠方のお客さまもぜひお越しいただたらと思います」

そして、夏より出場が決まっている選手として、大会ポスターに掲載されているSAKI、安納サオリ、朱崇花、優宇が発表され、夏は主に裏方として運営(プロデューサー)として携わる為、今大会では試合には出場しないとの事だ。

他にも旬のフリー選手の出場が予定されており、追加情報等は今大会の公式Twitter・Instagram、公式noteでお知らせされる。

「完全にフリーランスだけを集めた大会っていうのは恐らく今回初めてなんじゃないかと思います。我々にとっても慣れない大会運営に戸惑う部分があるかと思いますが、参戦してくださるフリー選手にとっても、もちろんご来場頂くお客様にとっても今後のプロレス界、新たな発展や希望に繋がる、良い空間が作っていけたらと思っておりますので、5月20日新宿FACE、『フリーランスサミット・NOMADS’』へのご来場を心よりお待ちしております」と語った。

今大会では4~5試合を予定しており、興味がある選手ややりたい選手について山下は「後々の発表をお楽しみに」高瀬は「山下選手はデビューから推しとしてきているので山下選手とは戦いたい」雪妃は「最近頻繁に戦っている選手でないのがいいなっていうのは当然思っています」と述べた。

そして、継続開催も視野に入れているがそれも今大会の成功が大前提と全員が声を揃えて言い、夏は「私にとっての成功というのは完売札止め以外、成功ではないと思っている」と力強く語り、自身は試合をしないが復帰についての問いには「復帰は考えているが、コロナ禍もありまともに精力的に活動していたのを考えると2年ぐらい間が空いてしまっており、この状態でいきなりリングに上がるっていうのはどうしてもできないので、新人に戻ったつもりで練習を始めさせていただいて、今大会の成功の暁にはまたいずれかのVol.2、3あたりでリング復帰ができればと思っております」と説明した。

今後については大会成功してからだが、運営自体はこの4人でやっていく予定で夏は「フリーだけどなんかやろうよっていう思いを持っている方と『NOMADS’』で合流をしなかったとしても、うまいこと連携を取りながらお互いの興行にプラスになるような要素を増やしていきながら、一緒にこのプロレス界の荒波をかいくぐっていけたらいいなと思っております」と展望を明かした。

▼会見を通しての内容はこちらにて視聴可能

フリーランスサミット『NOMADS’』
日時:2022年5月20日(金)18:15開場19:00開始
会場:新宿FACE

公式Twitter
twitter.com/NOMADS_fs
公式Instagram
instagram.com/nomads_fs
大会情報
note.com/nomads_fs/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事