【DDT】HARASHIMA&吉村がタッグリーグ戦を制しKO-Dタッグ王座に返り咲き!3・20両国でクリス&高梨が挑戦へ

 DDTプロレスが2月27日、東京・後楽園ホールで「Ultimate Tag League 2022 the FINAL!!」を開催。今タッグリーグ戦に臨むにあたって、KO-Dタッグ王座を返上したHARASHIMA、吉村直巳組が優勝決定戦で竹下幸之介、上野勇希の同級生コンビを破って優勝を果たし、同王座に返り咲き。3月20日、東京・両国国技館でクリス・ブルックス、高梨将弘のCDKと初防衛戦を行うことが決まった。

 BブロックのHARASHIMA組はフェロモンズ(飯野“セクシー”雄貴、今成“ファンタスティック”夢人)と勝ち点4同士で直接対決。フェロモンズのお下劣殺法に耐えたHARASHIMAが飯野をビクトリーロールで丸め込んで3カウントを奪い、勝ち点を6に伸ばし決勝に進出。

 一方のAブロックでは最終戦を迎えた時点でバーニングの遠藤哲哉、秋山準組が勝ち点6で単独トップに立ち、4点の竹下組と最後の公式戦を戦った。バーニングは引き分けでも決勝に上がれる状況だったが、遠藤が決めにいったバーニングスター・プレスを竹下に剣山で阻止されると流れが変わった。

 竹下がPlus Ultraを遠藤に決めるも、秋山がカット。しかし、竹下がザーヒーから再度Plus Ultraで絞め上げると遠藤はたまらずギブアップ。これにより、両チームが6点で並んだが、直接対決で勝った竹下組が逆転で決勝にコマを進めた。

 HARASHIMA組と竹下組による優勝決定戦は一進一退の白熱の攻防が続き、元ノーチラスのパートナー同士である吉村と上野は激しいエルボーを打ち合うなど、意地の張り合いを見せた。

 一瞬の隙を突いたHARASHIMAが上野に蒼魔刀を見舞うと、吉村は投げ捨てパワーボム、ラリアット、そして変形正念場でたたきつけて上野から3カウントを奪取した。

 吉村は「有言実行じゃないですか。正真正銘、勝ち上がって優勝して、トロフィーと一緒に(ベルトが)戻ってきました。でも1個、約束して、できなかったのが全勝優勝。CDK出てきてください」と呼び掛けた。

 CDK(クリス、高梨)はBブロックで勝ち点4止まりで決勝に上がれなかったものの、公式戦でHARASHIMA組を破っており、同チームの全勝を阻んでいた。CDKがリングインすると、HARASHIMAが「このベルトを懸けて僕たちとタイトルマッチやりましょう」と指名。高梨は「オマエらに勝ったけど決勝に残れなかった。DDTで一番強いタッグチームはオマエら。でも最もドラマチックでドリームなチームはCDK。タイトルマッチ、やろうじゃないか。勝って、それを証明してやる」と受諾。HARASHIMAが決戦の場を3・20両国に指定し、同大会でのタッグ選手権戦が決定した。

 バックステージでHARASHIMAは「全勝優勝できなかったけど、両国でリベンジする。なかなか試合を万全な体調で臨むのが難しかったなか、乗り越えて来れたのは自信になります。僕らは最強で最高のタッグチームということを証明できた」と、吉村は「自分が返上すると言って、HARASHIMAさんは許してくれたけど。このご時世もあって、全部通しきれなかった人もいるなか、こうやって勝ち抜いて優勝して有言実行できた。ここがゴールじゃないんで、CDKを倒して、より一層DDTで確立したタッグチームになる」とともに会心の笑みを見せた。

 一方、優勝決定戦で散った竹下は「この2人でタッグチャンピオンになるというのが、すごくドラマチックドリームだなと思って狙ってましたけど、あと一歩届かず。でも、咲くやこの花タッグとして、今日の2試合は一つの集大成というか、僕たちでしか見せられない試合ができたと思います」と、上野は「リーグ戦で僕と竹ちゃんで組めることなんか、これからチャンスは少ないだろうけど。僕らがプロレスやってる間に、2人でKO-Dタッグチャンピオンとして、咲くやこの花に行きますから」とコメント。

 タッグ王座挑戦が決まった高梨は「クリスは俺がケガしてたときもずっと待っててくれた。その間、会社からHARASHIMAと組んだらという提案があった。クリスは“俺はタカナシを待つ”という選択をした。俺はHARASHIMAと組むのもいいんじゃないかと話をしたとき、1度だけケンカした。HARASHIMAと吉村を見たとき、そんなことを思い出した。あのとき、HARASHIMAと組んだ方がいいんじゃないかと言った俺が間違いだった。クリス、オマエの言うことが正しかったというのを証明してやるよ」と意気込んだ。

【大会名】Ultimate Tag League 2022 the FINAL!!
【日時】2022年2月27日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】573人(満員)

▼第一ダークマッチ 15分一本勝負
○岡田佑介 vs 石田有輝●
6分34秒 逆エビ固め

▼第二ダークマッチ 15分一本勝負
×男色“ダンディ”ディーノ vs 大和ヒロシ×
5分44秒 無効試合
※今林久弥GMストップ

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
大鷲透&○近藤修司 vs 高尾蒼馬●&樋口和貞
9分16秒 片エビ固め
※キングコング・ラリアット

▼第二試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
○クリス・ブルックス&高梨将弘<2勝2敗=4点> vs 勝俣瞬馬●&MAO<1勝3敗=2点>
7分3秒 片エビ固め
※プレイングマンティスボム

▼第三試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
○HARASHIMA&吉村直巳<3勝1敗=6点> vs 飯野“セクシー”雄貴●&今成“ファンタスティック”夢人<2勝2敗=4点>
12分30秒 ビクトリーロール
※HARASHIMA&吉村がBブロック代表となる。

▼第四試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
○竹下幸之介&上野勇希<3勝1敗=6点> vs 遠藤哲哉●&秋山準<3勝1敗=6点>
24分9秒 Plus Ultra
※竹下&上野がAブロック代表となる。

▼第五試合 30分一本勝負
○佐々木大輔&藤田ミノル&MJポー vs 火野裕士&彰人●&納谷幸男
13分23秒 ミスティカ式クロス・フェースロック

▼セミファイナル スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
坂口征夫&●赤井沙希 vs 高木三四郎&雪妃真矢○
12分23秒 片エビ固め
※スノウトーンボム

▼メインイベント Ultimate Tag League 2022優勝決定戦 時間無制限一本勝負
竹下幸之介&●上野勇希<Aブロック1位> vs HARASHIMA&吉村直巳 ○<Bブロック1位>
20分14秒 体固め
※変形正念場。HARASHIMA&吉村がUltimate Tag League 2022優勝、第72代KO-Dタッグ王者組となる。

▼Aブロック公式リーグ戦
樋口和貞&▲岡谷英樹<1勝2敗1無効=2点> vs 近藤修司&平田一喜▲<3敗1無効=0点>
試合不成立

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事