【DDT】UNIVERSAL王者・佐々木大輔、3・20両国での3WAY防衛戦に向けMAOは眼中なし!?「5年ぶりに葛西純をハードコアでたたきのめす!」

 DDTプロレスが3月2日、東京・新宿FACEで「Judgement2022 -LIMITED-」を開催。同20日の両国国技館で挑戦者にMAO、葛西純を挑戦者に向け、ハードコア3WAYマッチでDDT UNIVERSAL王座の防衛戦に臨む佐々木大輔が葛西の名を連呼した。

 この日、同王座戦の前哨戦として、佐々木は藤田ミノルと組み、MAO、納谷幸男組と対戦。試合前、MAOがノーDQマッチを要求し、佐々木組が受諾した。試合はプラスチックケース、イスが飛び交う乱撃戦となったが、10分過ぎ、MAOがイスを手に場外の佐々木めがけてダイブするも納谷に誤爆。ここでセコンドのMJポーが乱入し、納谷にラリアット。さらに佐々木と藤田がダブル・スピアを敢行。納谷もなんとか踏ん張ったが、藤田が急所蹴り。佐々木のイス攻撃から、藤田が変型サムソンクラッチで丸め込んで3カウントを奪った。

 試合後、「反則ばっかしやがって。許さない」と言うMAOに対し、藤田がイス盛りの上にボディスラム。佐々木がイスを持ってダイビング・エルボーを食らわせると、MAOは大の字に。

 バックステージで佐々木は「あのクソガキ、何がノーDQだ。俺たちを誰だと思ってるんだ。俺たちは人生ノーDQだ。テメェに用はない。葛西はどこに行った? 両国は葛西純だよ。5年ぶりにまたハードコアで葛西純をたたきのめす」と不敵に語った。

 MAOは「反則ばっかりしやがって。俺は佐々木大輔を許さない。こうなったら、両国でとことんやってやろうじゃないか」と吐き捨てた。

【大会名】Judgement2022 -LIMITED-
【日時】2022年3月2日(水)
【会場】東京・新宿FACE
【観衆】233人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
赤井沙希&樋口和貞&○坂口征夫 vs 雪妃真矢&吉村直巳&高鹿佑也●
9分58秒 腕極め三角絞め

▼第二試合 30分一本勝負
男色“ダンディ”ディーノ&●飯野“セクシー”雄貴 vs 彰人○&石田有輝
9分27秒 反則勝ち
※セコンドの今成“ファンタスティック”夢人の介入

▼第三試合 ノーDQマッチ 30分一本勝負
佐々木大輔&○藤田ミノル vs MAO&納谷幸男●
12分56秒 変形サムソンクラッチ

▼セミファイナル Road to Judgement2022!スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
●HARASHIMA vs クリス・ブルックス○
13分33秒 片エビ固め
※プレイングマンティスボム

▼メインイベント Road to Judgement2022!キャプテンフォール・イリミネーション6人タッグマッチ 時間無制限勝負
竹下幸之介<キャプテン>&上野勇希&勝俣瞬馬 vs 遠藤哲哉<キャプテン>&秋山準&岡田佑介
【試合経過】
①●上野 vs 秋山○
20分48秒 首固め
②●勝俣 vs 岡田○
26分20秒 エビ固め
※サドンデス
③○竹下<C> vs 岡田●
28分14秒 体固め
※ザーヒー
④●竹下<C> vs 遠藤○<C>
33分14秒 エビ固め
※宇宙一のバーニングスター・プレス

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事