【アイスリボン】ICEx∞王者 春輝つくしが5・4横浜武道館大会での引退を発表

女子プロレス・アイスリボンは4日、記者会見を行い、ICEx∞王者の春輝つくしが2022年5月4日横浜武道館大会にて引退する事を発表した。

つくしは2月26日の後楽園ホール大会で4度目の防衛を果たし、3月20日後楽園ホール大会にてSAKI(COLOR’S)を相手に防衛戦が決まっているだけに驚きの発表となった。

春輝つくしコメント

「わたくし、春輝つくしは、
5月4日横浜武道館大会をもちまして、引退させて頂く事になりました。

小学6年生、12歳でプロレスデビューをして
今日に至るまで12年間。人生の半分がプロレスラーでした。

引退理由としまして、
高校時代に、選択授業で『教育』を受講(じゅこう)し、児童教育の仕事に興味が湧きました。
ですが、その頃自分には大好きなプロレスを続けると言う考えしか無かったです。

今まで生きてきた人生の半分をプロレスラーとして過ごしました。
今年25歳を迎えます。
プロレス以外にも、色んな事にチャレンジしたい。
自分の可能性を試してみたい。

そう言う想いが1年以上前から芽生えるようになりました。
大好きなプロレスを続けたい。という気持ちもあります。
ですが、プロレスの外の世界も見てみたい。
そう言う気持ちが強くなったのが理由です。

タッグパートナーの藤本つかさ選手とタッグベルトを巻くこと。
地元の神栖凱旋。
メキシコ遠征。
ピースパーティプロデューサーとして大会を開催すること。
ICEx∞を巻くこと。
やりたい事や夢など、全てプロレスで、アイスリボンのリングで叶えられる事が出来ました。

つらい時も、楽しい時もアイスリボンの皆で乗り越えてきた。
大きな壁にぶつかって、たくさん躓いてきたけれど、
振り返ればとても幸せなプロレス生活を過ごしてきました。
アイスリボンの皆が大好きです。

こういう状況の中、引退を受け入れてくださったアイスリボンに感謝しております。

春輝つくしに出逢えて良かったなと皆さんに思って貰えるように
最後の最後まで、プロレスでHappy、12年分の想いを込めて届けたいと思います。
そして、今がプロレスラー春輝つくしが、レスラー人生で最強の時だと思います。
なので引退まで、ICEx∞のベルト守りきって
ベルトを持って引退したいと思います。

また、12年分の感謝の想いを込めて、
春輝つくし、最初で最後の自主興行を行わせていただきます。
4月3日(日)新木場1stRING
17:00開場/17:30開始
タイトルは、
『ハルカゼ〜12年の想いを込めて〜』

引退まで、全力で走りきりますので、よろしくお願いします。」

大会概要は以下の通り

春輝つくし自主興行
『ハルカゼ〜12年の想いを込めて〜』
日時:4月3日(日)17時30分試合開始
会場:新木場1stRING

◆チケット情報
最前列:10,000円(記念品付)
RS席:8,000円(記念品付)
指定席:6,000円

※チケット発売:3月6日より発売開始
※記念品は「大会記念Tシャツ」

春輝つくし関連商品はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事