【東京女子】旗揚げ9年目での両国“夢舞台”で中島翔子が涙のプリプリ王座奪還!「サイバーファイトフェスでタイトル戦がしたい」

東京女子プロレスが3月19日、東京・両国国技館で年間最大の祭典「GRAND PRINCESS ’22」を開催。

旗揚げから9年目での初進出となった夢舞台のメインイベントで初期メンバーの中島翔子が、同じく団体創設時から支えてきたプリンセス・オブ・プリンセス王者の山下実優を破り、2年5ヵ月ぶりに同王座奪還を果たした。

 2012年に創設された同団体はライブハウスでのマットプロレスから始動。2013年8月17日にはDDTプロレスの両国国技館でのダークマッチで練習生4選手がデビュー(山下、中島組VS木場千景、KANNA組)。

同12月1日、東京・北沢タウンホールで旗揚げした。黎明期から団体を支えてきた山下も中島も「いつか東京女子単独で両国国技館大会を開催したい」との思いをもって戦ってきた。そして、9年に及ぶ悲願が実り、ようやく夢の舞台にたどり着いた。

 序盤は山下に攻め込まれる場面が多かった中島だが、トペ2連発を敢行すると流れが変わった。中島は619、背中へのミサイルキック、バタフライロックで攻め立てた。山下も雪崩式アティテュード・アジャストメントを繰り出して反撃。

15分過ぎ、中島がノーザン連発を見舞うもカウントは2。山下もハイキック、リターンクラッシュ、さらにジャーマンで投げるも、中島はクリア。山下はSkull Kickを後頭部にたたき込み、2発目を狙うも回避した中島は変型DDTからダイビング・セントーンを決めて3カウントを奪取した。

 2019年11月3日、DDTの両国国技館大会で同王座から陥落して以来、2年5ヶ月ぶりにベルトを手にした中島は「山下、今までで今日が一番強かった。昔は山下のことを考え方が合わないとか、強いけど認めることができないとか思ってたけど。何年も一緒に戦ってきて、どんなにプレッシャーがかかる大きなところでも怖い顔一つ見せず、強くて勝ち続けて、みんなのことを引っ張ってる山下の姿は本当にかっこよくて。嫌いだと思ってた時期もあったけど、いつの間にかすごく尊敬してた。だから今日、勝って山下みたいになりたかった。今日の勝ちで超えられたかどうかは分からないけど、いつか追い越してみせる。だから、これからも一緒に東京女子で戦っていこう」と涙のマイク。

【大会名】GRAND PRINCESS ’22
【日時】2022年3月19日
【会場】東京・両国国技館
【観衆】1714人

<試合結果>

▼メインイベント プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>●山下実優 vs 中島翔子○<挑戦者>
19分4秒 片エビ固め
※ダイビング・セントーン。山下が5度目の防衛に失敗、中島が第10代王者となる。

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:東京女子プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2