【DDT】赤井沙希が雪妃真矢をシングル戦で破りわだかまりも氷解し、タッグ結成の可能性も浮上!

 DDTプロレスリングが3月20日、東京・両国国技館で「Judgement2022~DDT旗揚げ25周年記念大会~」を開催。赤井沙希が雪妃真矢をシングル戦で破り、互いを認め合って、わだかまりも氷解した。

 昨年いっぱいでアイスリボンを退団した雪妃は今年1月からDDTにフリー参戦。そのなかで雪妃は2013年にDDTへの入団を希望したものの、高木三四郎社長に断れた経緯があることを吐露。その後にDDTでデビューした赤井に対してメラメラと“嫉妬心”を燃やしていた。これまでのタッグ戦での直接の対戦成績は1勝1敗で、この日の一騎打ちが決着戦となった。

 赤井がダイビング・ボディアタック、ミドルキック連打、雪崩式ブレーンバスターで攻め立てれば、雪妃は変型腕固め、スノウトーンボムで応戦。

赤井が新人賞をたたき込むも、カウントは2。

その後、強烈な張り合いから、赤井がハイキック、ビッグブーツを見舞い、ケツァル・コアトルをズバリと決めて3カウントを奪った。

 試合後、敗れた雪妃から手を差し出し、両者はガッチリ握手を交わして抱擁。戦いを通して、これまでのわだかまりも氷解した。

 赤井は「雪妃選手には雪妃選手の歴史があって。私には私の歴史があって。そこが重なったときにプロレスって試合になるから。2人とも背負ってるものは違うけど、見てる方向は大きく言えば同じだと思うので。体は痛かったんですけど、私と雪妃にしかできない試合になったと感じています」とコメント。

 雪妃は「自分のプライドと価値観を押しつけて今日まで来たんですけど、勝利した赤井選手が素敵なファイターだと思わずにはいられなかった。自分の価値観を持って女子プロレスの世界でやってきて、いらないプライドもあるなって今日感じて。新しい価値観を持ってやってきかなきゃいけないと思った。1人で乗り込むにはプライドと意地が絶対必要だと思うので。新しいプライドを培いながらやっていきたいと思います」と話した。赤井とのタッグ結成の可能性については、「沙希ちゃんがいいよって言ってくれれば。快く受けたいと思います」と前向きな姿勢を示した。

【大会名】Judgement2022~DDT旗揚げ25周年記念大会~
【日時】2022年3月20日
【会場】東京・両国国技館
【観衆】2,516人(満員)

▼第二試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○赤井沙希 vs 雪妃真矢●
10分40秒 ケツァル・コアトル

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事