【新日本】ザックが執念のスリーパーで鷹木から勝利!『NJC』決勝は内藤哲也と大一番が決定

■試合後バックステージコメント

ザック「オー・マイ・ゴッド! オー・マイ・ゴッド!(※記者に扮して)『ザック選手楽しめましたか?』『まさか、そんなわけないだろ!』『明日の試合も楽しみですか?』ノー! まったくだ! 準決勝と決勝が2日連続なんて、いったい誰がスケジュールを組んだんだ? お前ら、許さないぞ。オー・マイ・ゴッド! …勝ったとはいえ今日は間違いなく人生で1番キツい試合だった。(※日本語で)イマ タカギ チャンピオン ジャナイ…でもチャンピオンに引けを取らない強さだ。さすがにドラゴンではないが、どっちかっていうと、サムライって感じだな。あいつの態度はサムライそのものだよ。オー・ゴッド、俺いまあいつを褒めたのか? 気持ち悪い。自分以外の人間を褒めるヤツっておかしくないか!? 吐き気がするよ。だけど、タカギはいままで闘った中でもトップの強さだよ。でも、最後に意識飛んでたよな。そうだろ、DRAGON BOLLOCKS? 意識なくなってたよな! ツギは…(※よりかかっていたインタビューバックが倒れそうなことに気づき、不機嫌になる)これ誰がセットしたんだ!? 危険じゃないか! (※日本語で)アブナイヨ! ヤバイ! ツカレタ! ツギは…ドッチガ イチバン イージー? イージー ジャナイ。(※英語で)オカダはチャンピオンで、ナイトウは誰よりもチャンピオンになりたがってる。どっちに転んでも簡単じゃない。それに俺は楽なほうなんて選ばないよ。どっちが上がってきても俺の『NEW JAPAN CUP』優勝は止められないんだから。チャンピオンにもセニョール・ナイトーにも誰にも止められない。たとえ俺がヘルニアだったとしても、このトーナメントの優勝は阻止できない。(※叫びながら歩き出し)ドクター! ドクター! 腎臓が飛び出した! どこに行ったかわからない。ドクター…!」 
 
※鷹木はノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2