【新日本】4.9両国前哨戦を制したザックが宣言「偉大で無敵なオカダは両国で俺にタップアウトする」

▼試合後バックステージコメント

タイチ「決まったんだろ? 俺の(提案した)ノーロープ押し出しマッチ、決まったろ? まぁ当然の結果だな。矢野、怖ぇだろ!? ノーロープ押し出しマッチ。悪いけどな、(ルールを極める投票で)票を入れてくれた連中、悪いけどな、数秒で決着つくよ。俺の“押し”はな、かの、昔の横綱、曙の“押し”といっしょだ。曙並みの押し出して、数秒で終わりだ、悪いけど。まぁメインイベントはザックがしっかり締めてくれるから、俺は1秒だな」

ザック「ナニ!? (KOPWの)アタラシイトロフィーが必要だ。(現在のものは)“ショッパイ”トロフィー。お前が新KOPW保持者になったら、新しい物に作り変えてもらえ」

タイチ「ぜんぜん(大きさが)違うじゃない、(※『NEW JAPAN CUP』のトロフィーが視界に飛び込んできて)なんだ、あれ!?」

ザック「(俺の『NEW JAPAN CUP』のトロフィーと)オナジサイズ(のトロフィーを)。同じサイズで作ってやれよ。(KOPWのトロフィーは)ショッパイ。ショッパイ……」

タイチ「俺は10秒で終わらしてチャンピオンになる。そのあとはザックがしっかりあいつをストップして。あとは任した」

ザック「(タイチと)イッショニ、シングルトップ(になろう)。オカダ、準備はできてるのか? ベルトを手放す準備はできてるか!? どうなんだ!? オカダは長いあいだトップの座を守り続けてきて、もうボロボロなんだろ!? その座にいられるのもう終わり。でもダイジョーブ。“ザック・セイバーJr.タイム”が来る。オカダが俺に勝てるかもしれないテクニックはひとつしか持っていない。その一方で俺は100万個のテクニックを持っている。100万だぞ。ザック・セイバーJr.ハ、ニュー・ストロングスタイル。いいねぇ、なんともいい響きだ……」
 
※DOUKIはノーコメント
 
 
オカダ「まぁ、さすが『NEW JAPAN CUP』覇者ですね。勢いもありますし、今年の最強のチャレンジャーじゃないでしょうかね。やっぱり、こんだけの全選手が出たトーナメントで優勝して。4年前ですね、同じシチュエーションで闘いましたけども、やっぱり体重も違いますし、こんだけの新日本プロレスで勝ち上がってくるっていう勢いもすごくあると思うんで。でも、その上を、しっかりと僕が見せたいと思います」
 
矢野「オイ、決まったな、ノーロープ押し出しマッチ。オイ、相撲、バカにすんな!? 相撲、バカにすんな!? お前だろ、バカにしてんのは!? ふざけんな! 要は相撲みてぇなもんだろ!? だったらなお前、この相撲部屋に誘われた経験のあるこの俺様がわからしてやる!」
 
※YOHはノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2