【後楽園ホール還暦祭】藤田晃生(新日本)vs井上凌(全日本)の若手対決は藤田に軍配!

格闘技の聖地である後楽園ホール60周年の還暦を祝うメモリアル大会が超満員の観衆を集めて16日(土)、東京・後楽園ホールで行われた。

今大会は「50周年 新日本プロレス+全日本プロレス」と銘打たれ、後楽園ホールの60周年と共に両団体の50周年を祝うメモリアル大会となった。

▼『後楽園ホール 60周年 還暦祭』
格闘技の聖地 後楽園ホール60周年。還暦を祝うメモリアル大会
「50周年 新日本プロレス+全日本プロレス」全6試合
▼日時:2022年4月16日(土) 16:00開場/17:00試合開始
▼会場:後楽園ホール
▼観衆:1,588人(札止め)

この日の第1試合では、藤田晃生(新日本)vs井上凌(全日本)という両団体の若手対決がマッチメイクされた。

両団体のメンツをかけた若手対決だけに気迫を全面に押し出した試合を展開。

手足の取り合いから意地の張り合いへ、井上のドロップキックが藤田を襲う。

エルボーを互いに打ち合う場面から、最後は藤田が渾身の逆エビ固めで井上からギブアップを勝ち取った。

 

■第1試合 シングルマッチ 15分1本勝負
藤田晃生(新日本)〇
vs
井上凌(全日本)×
9分32秒 逆エビ固め

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加