【DDT】MAOが朱崇花に雪辱果たし、5・1横浜武道館でのUNIVERSAL王座戦に向け視界良好!「完全に防衛する手段も実力も存在感も今日で十分に発揮できた」

 DDTプロレスが4月22日、東京・新宿FACEで「DDT FREE -April-」を開催。DDT UNVERSAL王者・MAOが5月1日、横浜武道館で挑戦を受ける朱崇花に前哨戦で雪辱を果たし、王座防衛に向け視界良好になった。

 MAOは4月1日、横浜ラジアントホールでの前哨戦で、自らの必殺技であるみちのくドライバーⅡで朱崇花に敗退を喫した。同20日の調印式では朱崇花に急所蹴りを食らった挙げ句、ピンヒールで顔を踏みつけられる屈辱を味わった。

 王座戦を前に、この日は最後の前哨対決となったが、MAOは勝俣瞬馬との「しゅんまお」で、火野裕士、朱崇花組と激突。MAOがラ・ケブラーダ、掌底を朱崇花に繰り出せば、朱崇花も張り手、火野の肩車の体勢からフットスタンプを見舞い応戦。

 さらに朱崇花はみちのくドライバーⅡ、ソバットで追い込むも、火野のラリアットが朱崇花に誤爆。

 すかさずMAOがオクラホマロールで丸め込んで3カウントを奪取。これで前哨戦の直接対決では1勝1敗の五分に持ち込んだ。

 MAOは「自身のフィニッシャーであるみちのくドライバーⅡで敗北し、記者会見ではピンヒールで踏まれて醜態をさらした。今日朱崇花をボコボコにして完全勝利して、心底うれしい気分です。これでイーブン、むしろ俺の方がちょっとリードしたくらい。5・1横浜、オマエのことは3分70秒で倒してやる。サウナだけにな!」と勝ち誇った。

 バックステージでMAOは「完膚なきまでに叩き潰してやったよ。今頃担架で運ばれたんじゃないか? 検査でもして、おかしい頭を見てもらえって。これで完全に防衛する手段も実力も存在感も今日で十分に発揮できた」と意気軒高。

 対する朱崇花は「逃げ上手。火野さんのラリアットがなかったら、私負けることはないし。今度はピンヒールで踏みつぶしてやります」とぶ然たる表情だった。

【大会名】DDT FREE -April-
【日時】2022年4月22日(金)
【会場】東京・新宿FACE
【観衆】353人(超満員札止め)

▼ダークマッチ 15分一本勝負
○高尾蒼馬 vs 石田有輝●
4分52秒 公認エンドレスワルツ

▼オープニングマッチ スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
○シシャモパワー&吉村直巳 vs 彰人●&納谷幸男
10分36秒 変形ラ・マヒストラル

▼第二試合 30分一本勝負
赤井沙希&○雪妃真矢 vs アントーニオ本多&平田一喜●
10分51秒 スノウストーム

▼第三試合 30分一本勝負
○KANON vs 小嶋斗偉●
6分21秒 ジャストコブラツイスト

▼第四試合 ノータッチルール 30分一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&●今成“ファンタスティック”夢人 vs HARASHIMA&大鷲透&坂口征夫○
12分3秒 反則勝ち
※レフェリー暴行

▼第五試合 DAMNATION T.AvsEruption! 30分一本勝負
○佐々木大輔&MJポー vs 樋口和貞&岡谷英樹●
10分18秒 横入り式エビ固め

▼セミファイナル スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
MAO&●勝俣瞬馬 vs 朱崇花○&火野裕士
17分4秒 オクラホマロール

▼メインイベント Road to MEGA MAX BUMP 2022!スペシャル 6人タッグマッチ 30分一本勝負
●遠藤哲哉&秋山準&高鹿佑也 vs 上野勇希○&クリス・ブルックス&高梨将弘
5分8秒 TKO勝ち
※スリーパーホールド→レフェリーストップ

〈写真提供:DDTプロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加