【DDT】KO-D無差別級王者・遠藤哲哉が熱闘の末、上野勇希を破り初V!「次の相手も俺が指名する形じゃなく、向こうから来てほしい」

 DDTプロレスが5月1日、横浜武道館で春のビッグマッチ「MEGA MAX BUMP 2022 in YOKOHAMA」を開催。KO-D無差別級王者・遠藤哲哉が30分超えの熱闘の末、上野勇希を退け王座初防衛に成功した。

 開始間もなく、遠藤は場外でエプロンの角にボディスラムで上野の腰をたたきつける容赦ない攻撃を見せた。それでも上野はトルニージョ(キリモミ式プランチャ)、ジャーマン、ハーフネルソン・スープレックス、フロッグスプラッシュなどで猛攻。

 遠藤もカナディアン・デストロイヤーで反撃。上野はBMEを2度トライするも、いずれも不発。遠藤はサスケスペシャル、スワンダイブ式ファイアーバードスプラッシュ、旋回式トーチャーラックボムとたたみかけ、バーニングスター・プレスを狙うも、上野は剣山で阻止。上野はWRから、4・22新宿で遠藤を失神させたスリーパーで絞め上げるも、遠藤はなんとかエスケープ。30分過ぎ、上野はWRアンリミテッド(リストクラッチ式WR)を狙うも、それをかわした遠藤はドロップキック、エクスプロイダー、変型片翼の天使を繰り出し、最後はバーニングスター・プレスを決めて3カウントを奪った。

 退場しようとする上野を呼び止めた遠藤は「上野、今日の悔しさをオマエの信念で楽しさに変えたとき、もう1回オマエの相手をしてやる」と投げかけた。

 バックステージで遠藤は「上野、オマエの信念、楽しさ、それをもっと前面に出したいんだったらそれでいい。俺はチャンピオンとしてすべて受け止める。オマエの信念で今日の試合が楽しさに変えられたんだったら、また俺が相手にしてやる。見ている人が“上野もうちょっとだったな”と思ったんだったら、このベルトに少しでも指先が届いたんじゃないですかね。それを決めるのは見ている人だと思うんで。期待値は上がったんじゃないですか。チャンピオンだけがDDTを背負ってるわけじゃないから、それぞれが自分の思う形でDDTを背負って、全員をまとめるのが俺の使命だと思うので、全員でDDTをもっと盛り上げていきたい」と話した。次期挑戦者については、「次の相手も俺が指名する形じゃなく、向こうから来てほしい。誰でもいいよ。自信があるんだったら。我こそはDDTだと思う人」と語った。

 敗れた上野は「まだ僕が器ではなかったということ。でも楽しかったですよ。すぐにでも遠藤さんがやらせてくれるみたいなので、すぐにでもやりたいですね。鍛え上げて、器を固めて、あふれるものを支えて、またこの楽しい遠藤さんとの戦いに戻りたいと思います」とコメントした。

 なお、高木三四郎社長は初進出の横浜武道館大会を終えて、「メインはすごく新しいDDTの形なのかなと。若い選手たちの頑張ってる姿は、お客さんも感情移入できると思うんで。新しいDDTを出していきたい。すごくいい会場なので、機会があれば使用していきたい」と述べた。

【大会名】MEGA MAX BUMP 2022 in YOKOHAMA
【日時】2022年5月1日(日)
【会場】神奈川・横浜武道館
【観衆】835人

▼第一ダークマッチ 15分一本勝負
○KANON vs 高鹿佑也●
7分22秒 ジャストコブラツイスト

▼第二ダークマッチ ノータッチルール 15分一本勝負
大鷲透&○吉村直巳 vs アントーニオ本多&石田有輝●
9分33秒 片エビ固め
※払い腰

▼第一試合 30分一本勝負
○青木真也 vs 小嶋斗偉●
5分4秒 レッグロック

▼第二試合 KO-D10人タッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>○ポイズン澤田JULIE&佐々木貴&GENTARO&MIKAMI&タノムサク鳥羽 with ナオミ・スーザン vs 高木三四郎&谷津嘉章&彰人&平田一喜●&伊橋剛太<挑戦者組>
8分45秒 キャトルミューティレーション
※第7代王者組が初防衛に成功。

▼第三試合 30分一本勝負
赤井沙希&●岡谷英樹 vs 雪妃真矢&勝俣瞬馬○
10分28秒 片エビ固め
※ととのえスプラッシュ

▼第四試合 スペシャル6人タッグマッチ~フェロモンズvs今林GM最終決着戦 30分一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&●男色“ダンディ”ディーノ&今成”ファンタスティック”夢人 vs 今林久弥○&AKIRA&マッスル坂井
16分55秒 ジャックナイフ式エビ固め

▼第五試合 30分一本勝負
○佐々木大輔&MJポー&KANON vs 火野裕士&納谷幸男&高尾蒼馬●
10分43秒 クロス・フェースロック

▼第六試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
●HARASHIMA&佐藤光留 vs 樋口和貞○&坂口征夫
14分25秒 体固め
※ブレーンクローからの押さえ込み。

▼第七試合 DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○MAO vs 朱崇花●<挑戦者>
13分51秒 体固め 
※キャンボール450°。第6代王者が2度目の防衛に成功。

▼セミファイナル 北井地所グループK.O.GYM presents KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>クリス・ブルックス&○高梨将弘 vs 秋山準&岡田佑介●<挑戦者組>
21分9秒 片エビ固め
※サドンデスを切り返す。第73代王者組が2度目の防衛に成功。

▼メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○遠藤哲哉 vs 上野勇希●<挑戦者>
31分17秒 片エビ固め
※バーニングスター・プレス。第78代王者が初防衛に成功。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加