【タカタイチマニア2.5】デスペが葛西と超刺激的再会!葛西の一騎打ち要求に「必ずやりましょう!」(デスペ)

5月6日(金)、東京・後楽園ホールにて『タカタイチマニア2.5』が開催された。

『タカタイチマニア』では普段では観られないカードが組まれ、これまでの開催でもファンを大いに楽しませてきた。

『タカタイチマニア2.5』
日時:2022年5月6日(金) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール

メインではエル・デスペラード&DOUKIが葛西純&本間朋晃とスペシャルタッグマッチで対戦。

両チーム納得の上で、急遽反則がOKとなる「ハードコアルール」が採用となった。

久々の再会となったデスペラードと葛西純が意識し合って、互いに机やイスを使った激しい攻防を展開。

次第に流血戦となった両チームだが、それに触発された元デスマッチファイターの本間朋晃も奮闘を見せた。

最後は葛西がDOUKIを捕らえパールハーバースプラッシュから垂直落下式リバースタイガードライバーを決め、27分を超える死闘に決着をつけた。

<試合結果>

▼第7試合 30分1本勝負
スペシャルタッグマッチ
DOUKI ×
エル・デスペラード 
vs
本間 朋晃
葛西 純 〇
27分45秒  リバースタイガードライバー→体固め

※ハードコアルール

激闘を繰り広げた葛西はデスペラードに対し「オイ、デスペ、今日も刺激をありがとう!しかしだ、俺っちはよ、もう単なる刺激じゃ満足しねえ身体になっちまったようだ。オイ、デスペ、オマエからの超刺激がほしい!つべこべ言わずシングルやれや。コレを受け取ったら、OKとみなす。」と赤いバラを差し出した。

それを受けたデスペラードがマイクを手に取り「こんなカッコいい事されたあとに何しゃべったって俺はチープに見えちまうから何もしゃべりませんよ。でも、今日いただいた刺激を持って俺は『スーパージュニア』優勝します!シングル、いつどこになるのかわからねえけど、必ずやりましょう!」と返答。

両者の一騎打ちの機運が盛り上がった。

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事